希望を見るものと絶望を見るもの

昔書いたかもしれないけど、今一度。

オリエンテーリング界の困ったことの1つとして、常々考えていることがある。
オリエンテーリング界の中で、時々大きな志と夢を持った人が出てくる。まぁ若い人に多いけど、そうでもない人もいる。僕もまぁ10年前はそうだったんだろうと思う。そしてその一部は叶えてきたと思う。
O-Newsだって、その一部だし、手段であり目的であった。

で、その夢を持った人は、動く。発言する。まぁ動かないで「〜だからダメなんだよ」と言っているだけの人もいますが、今回はそうじゃなくて、何らかで動こうとしている人。

その人は動くんだけど、いかんせん金も時間もない。なにより人が無い。

やがて1人ではどうにもこうにもならず、そのまま尻すぼみになってフェードアウトしてしまう。
うん、何度も見てきた気がするぞ。

そして数年後、忘れた頃にまた夢追い人が現れる。前の人と目指す方向は違うかもしれない。扱うジャンルも違うかもしれない。同じかもしれない。でも、やはりまた同じようにフェードアウトしてしまう。

前の人はどうしたのか?
数年経って、自分と同じような道を希望の光で見ている、いわば同志が現れたのに、何をしているのか?
フェードアウトしたまま、そのままなのだ。

僕がオリエンテーリングに関わってもう15年?その間にもそういう夢を持った人は出てきていたと思う。その人をみんな集めれば、それなりの数になるし、お互いに協力できれば、いろいろできたと思う。
でも、彼らは常に孤独だったと思う。
そんなことを、ずーっと繰り返していると感じる。

    • -


僕もまた、そういう絶望した側の人間なのだと思う。今現在も夢と希望で突き進んでいるかといえば、暗い顔で「…あぁ、そうですね。」としか答えられないだろう。
少なくとも、以前のような熱気を持っての前進は(今は)できない。
ただ、もし夢を追う人が目の前にいるのであれば、今の自分にできるだけの協力はしたいと思っている。

思ってはいるのだけど、これがまた難しいことに、自ら協力を申し出るようなことはしない。なぜって、そういう前進するためのエネルギーを既に失ってしまっているから。
だけどもし訪ねてきたのであれば、協力は惜しまない。
…そんな、我儘なかんじになってしまった。

悲しいけど、今はそんな現状から動き出せない。

    • -


それでもなお、今夢を見ている人にアドバイスをするのであれば、

  • まずは調べなさい。きっとそれをやろうとした先人はいる。
  • 先人に学びなさい。なぜ実現できなかったのか。
  • 先人を頼りなさい。夢破れた人も、頼れば、力を貸してくれる。
  • 大人に甘えなさい。時間でも金でもいい、直接頼めば協力してくれる人はいる。頼られるというのは大抵の人には嬉しいこと。迷惑だから、とか考えない。もちろん、感謝の気持を忘れてはいけない。
    • -


僕は僕の夢の途上で(幾つもの失敗はあったけど)O-Newsを作って、それももう丸9年が経とうとして、そろそろ10周年イヤーだ。
O-Newsで何ができたか?目的は達せられたのか?という疑問は残る。
でも、今でも少なくとも「場を作ることができた」というのは、言いたい。
それが利用されているかといえばされていないのだけど、何かを発信する場、それを作れたと思っている。
もっと利用してくれればいいのに、と思っている。誰かの目的のために、その踏み台にして欲しい、と。

自分の主張を書きなぐってもいい、大会の宣伝をしてもいい、何かを募ってもいい。
そういうことを発信できる場は作ったはずだ。
影響が強いかといえば、それはわからないけど、それでも個人のブログ(とか、こういう日記)よりは上だと思っている。

    • -


結局、僕は絶望した側の人間なので、今できることはこれくらいか。
熱を持ちたいと願っても、生み出せない。それはそれで苦しみ。
だから、熱のある人は素直に羨ましい。