山あそび(ハセツネ後半試走・ナイトラン)

今回の山あそびは約1ヶ月後に迫ったハセツネの試走とナイトランの練習。試走したの初めてだった。

後半部分の試走ということで、瀬音の湯のそばの十里木バス停からバスで数馬へ行き(830円)そこから西原峠へ登って、しばらくコース通り。金比羅尾根の途中、フィニッシュまであと2,3kmのところの橋から林道に下り、瀬音の湯へ。

昨年のハセツネが西原峠でリタイアだったので、僕にとっては昨年の続き的な。リタイア後、山に降りたのも数馬方面で、それと同じ道を山へと引き返していった。西原峠では、帰ってきたというか、戻ってきたと言うか、なんというか…。


初めて明るい時に三頭山へ。ここではまだけっこう余裕があった。むしろ三頭山ってこんなもんだったっけ?と感じた。いやツライけど。


もうかなりヤバかった大岳山。爽やかにここに来れたことがありません。御前山もツラかった。

その後、御岳で1人合流し、全部で5人となり、日の出山−金比羅尾根へ。


夕方だけどガスってて、明け方のようにも見える?この少し後からライトを点け始めました。

ナイトランに対する不安は無い。もうけっこう慣れているし、今年買ったジェントス888が明るくていい感じ。1段階弱めの光量で十分だった。そして結局1回もハンドライトを使うことはなかった。たぶん本番では大岳山からの下りで活躍してくれると思う。


より大きな地図で トレランルート を表示

メモ

  • この日の補給食は全部で1000kcalくらい摂った。他の人も似たようなもの。
  • Polarの時計によると消費カロリーは約3000kcalほど。だいたいハセツネの全行程で5000kcalくらいと言われているらしいので、だいたい合っているようだ。
  • 本番では2000kcal以上は摂取する必要がありそう。
  • 登りで離される。登り切ったところの平地で更に離される。
  • 時々完全に止まらないと厳しい。完全に1分止まるとだいぶ回復する。
  • 昼と夜ではだいぶ印象が変わる。月夜見第2駐車場は夜に行った時よりも狭く感じた。
  • やっぱりスポーツドリンクとゼリーの相性が悪いのか、気持ち悪くなってしまう。
  • 水を主にして、ハイドレ1リットル+500mlペットボトル、それにスポーツドリンク500mlでいいかもしれない。
  • 次はコーラを試してみる。
  • 金比羅尾根がひたすら長く感じてツラかった。ここは何も考えずに走るべきなんだろうな。
  • ゼリーやスポーツドリンクに対する身体の変化なんかを見て、やっぱり今年でハセツネは終わりにしたほうがいいなと思った。どういう結果になるにせよ。まぁ毎年言っているような気もするけれど。
  • スッキリ満足できる結果を出して終わりたい。

さて、あと1ヶ月。何ができるか。どうなれるか。