山あそび(名栗周回)

先月に引き続き、月曜の山へ。


今回は名栗湖のそばにあるさわらびの湯から、棒ノ嶺-日向沢ノ峰-有馬山-蕨山-さわらびの湯という周回コース。名栗U字というトレランレースと同じコース。微妙に違うかもしれないけど、こんな感じ。

より大きな地図で 名栗周回 を表示
有馬ダムからしばらく沢を登っていく。涼しい。

何度も川を横切り


結局右足だけは濡れてしまったり。


棒ノ嶺までは1時間と少し。そこから日向沢ノ峰までは登ったり下ったり。これがなかなかキツイ。ハセツネの第1関門まで(醍醐丸とか)を思い出した。


日向沢ノ峰に着く頃には少しガスってた。涼しいのに汗はけっこうかいてて、もはや寒いくらい。


ただの汚いオッサンがそこにはいた。


有馬山-蕨山はもう下りばかり。蕨山からはこんなに爽やかなところも。

全部こんなんだったらいいんだけどなぁ。

結局、合計6時間くらい。コース距離は21kmとかだったりするけど、GPSでの距離とか調べると実際は25kmくらい?前回の大菩薩峠より距離は短いけれど、アップダウンの角度が厳しく、トレーニングという言葉がよく似合う。

最後はさわらびの湯でゆっくり。ここで買った冷やしうどんは、イマイチだった。食べきるのになかなか苦労。

ドリンクは500mlを2本と半分くらい消費。この距離でこれだけ消費するとは珍しい。というか前回と似たようなものか。ハセツネでは第2関門まで焼く8時間。1.5lだとちょっと厳しいか。ハイドレに1lとボトル500ml×2で合計2lなら大丈夫かな。

今回、日向沢ノ峰までの間に微妙に気持ち悪くなった時間があった。原因はいくつか考えられるけど(疲労・汗が風で冷えた等)パワージェルの梅味が合ってなかったかな?とも思った。これ飲んだ直後はしゃきっとするのだけど、そのあとが僕には合わない気がする。やっぱりもっと無難系で揃えるべきか。次のハセツネではそういう失敗をなくして、ちゃんと走りきりたい。事前にテストの機会があって良かった。