COMITIA96

 コミティア96に参加してきました。
コミティアというのは、創作(オリジナル)に限定した同人誌即売会の1つで、そういった趣旨の中では最大級のものらしいです。

今まで同人誌即売会というのは行ったことがなかったんだけど、まぁ数ある漫画のなかで描写されるそれをみて想像はしていた。で、今回に限って何故行ったのか。とりあえず買ったもの。

初音ミク関係でニコニコ動画によく行っていた頃に一番のお気に入りだった初音さんと若干P、その中の人であるノッツさんが今でもお気に入りで、1年ちょっと前にはCDも買って、USTのライブやらネットラジオやらで今でも楽しませてもらっている。そんなノッツさんというかKNOTS BANDでコミティアに参加すると聞いた。そこで新曲を含む自主制作CDを販売するというので、これは手に入れたい!と。

それでもまだちょっと悩んでいたのだけど、まぁゴールデンウィークに何の予定もないし、そしてtwitterで時々絡ませてもらっているはるかなさんも参加すると聞いたので、より一層行く気になった。

そんなわけで、写真の上のがノッツさんのCDと本、下のがはるかなさんの本。しかしこれらのどれよりも入場券代わりにもなるカタログ(ティアズマガジン)の方が高いという事実。

会場に入ると机がズラーっと並んでいて、おぉー、これが!とか思ってちょっと感動。目的のノッツさんとことはるかなさんのところでさっさと本を買ってしまったけど、何も話しかけられなかった。いやtwitter上で「買った。爽やかイケメンがいた」「いつの間に!?話しかけてよ!」とかのやりとりはしたけど。

僕も大会会場では売り子をやっているわけで、何も言わずに買われるよりはコミュニケーションを取ったりするのが嬉しいというのは分かっている。でも、どうにもそこまでの勇気がでなかったよ。まぁtwitterアイコンのコレ→20110505220142がこんなオッサンだなんて事実を知られたくないというのもあるけど。また次回があったら、その時は…!

ただ、そう今回目当てはこの2つだけで、でもそれは買うだけだったら10分もかからないわけで、それはちょっと寂しいなって。一応見本誌コーナーという当日販売されているものが立ち読みできるコーナーがあって、そこで幾つか読んだのだけど、まぁ面白いのが幾つかはあった。ただそれを買おうとまで思うものは無かった。というかあんまり読んで欲しいものができて買ってしまうのもちょっと困った物と思ったので、あまり読まなかったというのもある。(どこか矛盾しているけど)

これは事前にウェブなり何なりでその作家さんか本の内容かを知っていないと、その場で買おうというのはハードル高いな、と。とりあえずそこまでこういう業界に踏み込んでいない僕としては。でも、自分の知っている作家さんが参加するイベントが有るのならば、次回も行ってみたいかなと思った。ちょっとポジティブになれたね。


昨年・一昨年と静岡ホビーショーに行っていて、なんとなくこういうイベント系のものにももっと出たいなとは思っていた。そんなわけで今回参加できてとても満足。ジャンルはまったく違うけど、ホビーショーもコミティアも何となく似た雰囲気を感じたのは面白かった。今年はホビーショーの日程で代表選考会があるので、行ける可能性は低いんだけど、とりあえず今年も何らかのイベント参加できたのは良かった。この調子で8月のコミケにも…いや、あれはレベルが違うか…?

今回買ったCDの紹介動画