全日本大会

 いやもう全然ダメだった。とくに成績を狙ってたとか期待していたわけでもないけど、内容は期待していたものとは程遠かった。

 前日までのドタバタで、急遽2日間富士日帰りとなり、しかも日帰りした意味が結局なかったというドタバタぶり。まぁそのおかげで日曜はなおさんと2人で行くことができて行き帰りと楽しく話ができたのはよかった。(しかし改めて自分が話ヘタだと思った。どんだけ自分語り好きなんだよ、と。会話のキャッチボールができてないよ、って。それを認識していながら修正できないんだもの。)

 前日イベントではやはり身体の重さを感じた。でも今日のスタートからスタートフラッグまでの(やけに長く感じた)テープ誘導区間ではそれなりに軽く感じたのだけど。全体的に走れず、登れず、自身をコントロールできず、頭がレースモードにならず(本日のBGM:あなただけ見つめてるby大黒摩季)オリエンテーリングの手続きもおろそかに、進む方向もあらぬ方向だった。

 なんていうか、細かいミスを見つけて修正していくとかじゃなくて、全体的にダメ。まずオリエンテーリングの機会を増やして、全体的な精度を上げていくしかない。

 HRMのデータを見ると、最大心拍数179の、平均163だった。レース中にちらっと見た時もあまりの低さに驚いたけど、何なんだ?レース中は苦しくて走れなかったのに、心臓はそれほど動いてくれていなかった、もしくはまだまだ動けた、ということ。やはり1日休む日を入れてリフレッシュするべきだったのだろうか。うーん…。

 この間、風呂上りに身体を拭いていてふと「あれ?足細くなってね?」と気づいた。けっこう走っていると思ったのに。体重計乗ったら48.7kgだった。ベストは50~52kgなので、2kgほど足りない。筋肉が。それなりの落ち着いたペースでそれなりの時間走り続ける、という力というか体はできてきたように思う。けど登攀力とか、そういうパワーが足りない。ちょっと6月の東大OLK大会に焦点を合わせたいと思っているので、5月は登坂力強化月間としよう。まぁそんなにすぐに成果が現れるわけでもないけど。


 ところで、レース後はなかなか自分の走ったルートを思い出せなかったのだけど、落ち着いて見返して、ようやく通ったルート、ミスして進んでいたルートが見えてきた。と、ここでふと気づいたというか疑問が。

この給水の位置、実際と違ってね?いや自信はないけど。このマップだと道の分岐にあるように見えて、でも実際はちょっと北の道が広くなっているところ(待避所)にあったように思うんだけど…。

僕はこの分岐から道で沢底へ行こうと思ってたのだけど、給水所の正面にそんな分岐はなく、その手前で見た気もしたけど…と探しながら(南から来たので)北へ走るもそれらしきものがなく、あしあと程度の、道??踏み跡??から沢底ヘ。案の定行きたい場所のかなり北に出てしまった。たぶん、給水所りも南にあったあれが道の分岐だったと思う。

まぁ、給水所の位置なんて気にせずにちゃんと地形見て行けよ、という話でもあるし、これでもミスタイムが30秒もないとは思うけど。あー、ただ今回2秒差で負けてるからなー。負け惜しみで、これさえなければなー、と言っておこう。

いや実際、ここで違和感感じた人って他にはいないのかな?みんな普通に僕よりも南のほうで沢に降りて行ったしな…。


今回、1日目は行き:下道、帰り:高速、2日目は行き:高速、帰り:下道、と一応同じルトは取らないで行くことができた。これによって飽きずに運転できたのはよかった。渋滞も1日目の帰りにあっただけだったしな。けっこう交通面ではラッキーが続いた。今日の行きも、ほとんど信号引っかからなかったし。