最後に残った野望

最後に残った…なんていうともう他のものは達成したのか?なんて思うかもしれないけど、未着手の、という意味合いで(今のところ)最後に残っている野望が1つ。野望というか、まぁやりたい大会企画なんだけど。ていうか前にも書いたかもしれないけど。

それはオーバーナイトOという企画。たぶんこの名前自体は何度も出している。2月に愛媛に行ったときに小泉くんとの車中の話題で挙がったもののひとつ。オーバーナイトOは夜やるので「宿泊できる」「他の人の迷惑にならないように貸し切れる」「周囲に住宅地がない(少ない)」といった条件がないと無理だなぁ、なんて思ってたのだけど、だったら北山でやればどうだろう?と提案が。目からウロコだった。

北山公園にはキャンプ場もあって、そんなに多い数じゃないから貸切も非現実的ではない。現在拡張工事中らしいけど。2009年末のO-GamesのときもナイトOをやっている。公園部分での開催だったので完全な山ではなかったけど、ちゃんと林の中のナイトOができることを、楽しめることを多くの参加者が味わった。

今年の夏に百式やって、秋にシャンゼリオンがあって、その次の夏にオーバーナイトOができれば…そんな話をしていた。だけど、今回の地震で茨城県も大きな被害を受けた。北山公園も。1年後にどうなっているのかはわからないけど、今のところこの企画が実現どころか動き出すことすら現実感を感じない。

5月の連休にときわ走林会でこの辺りのテレインの状況調査に行くらしい。被害が少ないことを期待する。そしてまたあそこでオリエンテーリングができることを願う。


…あれ?
100個のコントロールの百式、マルチデイ&マルチ競技&チーム戦のジャンボリー、オーバーナイトO、この3つだったか?僕の野望…。うーん…。野望程のものではないけど、まともなクラシックの大会を1回やってみたいというのもあるけどなぁ…。