まだまだ けいおん!

 もうけいおん!!が放送終了してから2ヶ月くらい経っているのだけど、未だに話題を出してくれているし、SSなんかも増え続けている。最近になって、放課後ティータイムIIに関するブログなんかも読んだ。まぁ、自分なりの思いもあるけれど、とりあえず2つほど書き残しておきたくなったので。

唯たちの卒業後の桜高軽音部

 最終話である番外編2でさわちゃんが「大丈夫、軽音部はなくならないわ」と言い、学校に帰ると梓たちが練習している。それを見て嬉しそうに逃げる3年生組。ここで彼女らも視聴者らも来年は憂と純ちゃんが加入して、新人勧誘して続くんだろうと確信を持つ。んだけど、この時、唯が音楽室の前まで来たときに中から聞こえた会話が、純ちゃんは「まだやろうよ、やりたい」と言い、憂は「私も手伝うのは大丈夫」という。…手伝う?

 この時点ではまだ少なくとも憂はまだ軽音部に入ってはいないし、おそらく入ることを梓には言っていない。原作でも、憂と純ちゃんが軽音部入部を言うのは卒業式の後だし。3年生組も視聴者も来年以降が大丈夫だと確信はするんだけど、実は確定した未来は描かれていない。

 原作では唯が春からは一人暮らしをするようなことが語られているが、アニメ版のほうはそういった未来のことは語られず、すべてが卒業式の日までで完結している。進学する大学の名前も出ていない。原作ではN女子大(奈良女?)と描かれている。結局、この3年間という中に閉じこめられたまま終わってしまった、という印象がある。

 まー、映画版でその先の(卒業式後の)世界が開けるのかもしれないですけどー。

なぜU&Iではなくごはんはおかずだったのか。

 劇中でごはんはおかずが演奏されたのにも驚いたけど、CD化されて1曲目とジャケットを飾ったのは物語の重要なキーだったU&Iではなくごはんはおかずだった。なぜか。まぁ、1曲目に元気の良い曲を入れたいというのもあるかもしれないけど。

これまでに出たHTTのCDを並べてみる。(桜高軽音部名義含む。キャラソングやバンドスコア、サントラなどはHTTではなくアニメ商品なので除外。DEATH DEVIL楽曲も除く。)

OP&ED
  • Cagayake!GIRLS
  • Don’t say ”lazy”
  • GO! GO! MANIAC
  • Listen!!
  • Utauyo!!MIRACLE
  • NO,Thank You!
劇中歌
  • ふわふわ時間
  • ぴゅあぴゅあはーと
  • ごはんはおかず/U&I
アルバム
  • 放課後ティータイム
  • 放課後ティータイムII

ということで、OP&EDはアルファベット、劇中歌はひらがな、アルバムは漢字から始まるCDタイトルとなっている。偶然かもしれないし、だからごはんはおかずを1曲目にしたとか強引な気もするけど、Utauyo!!MIRACLEのUtauyoがアルファベットなのもこれだたら納得いくし。

と、まぁそんなことを考えた。
けいおん!って、さりげなーくいろんな意味あるものが込められているようで、そこがまた面白い。音楽やっている人からみると使われている楽曲やBGMなんかからもそういうのがわかるそうな。そんなにいろんなことを詰め込むなんて(伝わらないかもしれないのに)この制作スタッフはホントすごいな。

それまではアニメ(というかTV自体)からは遠ざかっていたのだけど、けいおん!という現象によって少し戻されました。くだらないことではあるけれど、物語は感情を刺激してくれるので、そういう場に再び導いてくれたこのけいおん!には感謝していますです。