ロング予選

 朝から小雨。この日は併設とWOCの間がかなり空いていたので、もし雨が続くようなら帰ってネット観戦にしようかと思った。そうそう、ネットはなんとか宿で繋がるようになった。予定していたのとは別の無線LAN回線が開放されていた。しかも無料。

 自分のスタート時間くらいになると雨は止んでいた。それにしても、こちらの人はあまりアップをしているのを見ない。スタートまでは歩いている人がほとんど。そしてスタート地区では準備運動とかしている人はまず見ない。何人かはちょこっと走ったりしているけど。これでなぜあんなに動くことが出来るのだろうか?この日も心拍計はうまく動かず、0のまま終わった。

 レースは、1ポから11分以上もかかる大ミス。いまだにオープン湿地をうまく使えないというか、プランの段階では避けようとしてしまう。実際はすごく使えるし、ぬかるんでるだけで走りやすいし、わかりやすい特徴物なのに。

 結局、昨日よりも短いコース距離なのに20分も多く走った。最後のラスポ−ゴールだけは地面が硬いのが嬉しい。ここは全力で走り抜ける。

 ロング予選も誰も通ることが出来なかった。何だろう、何か大きなきっかけが必要な気がする。帰ったら、世界の高速化と日本の状態(変化)を調べてみたいと思った。

やっぱりWOCの時間になると天気が良くなる。今日も暑いくらいの日差し。もう16時過ぎなのに…。

 時差ボケはないけれど、この明るさの感覚は戸惑いを続ける。20時21時でも日本の15-16時くらいに感じる。そしてそのせいか夕食の時間が遅くなる。

 寝るのは早い。22時過ぎには部屋の明かりが消える。とはいっても宿全体の消灯時間なわけではなくウチの部屋が早いだけ。朝は6時過ぎに起きるので8時間睡眠は取っている。ということはかなり健康的な生活はしているわけだ。むぅ…。

そして今日も、おやすみなさい。