スプリント予選

 さすがに朝起きると外の喧騒はなくなっている。予定よりもだいぶ早く起きることができた。今のうちに、と思って無線LANの設定をしようと試みるも「そのクレジットカードナンバーは使えないぜ、ベイベー」みたいなメッセージがでて支払いが出来ない。持っていた2つのカードどちらもダメ。困った。いろいろいじってたら8時を過ぎたので出発。

 歩き始めて5分で疲れる。自分の少し前方にスウェーデンの旗を振る黄色いTシャツの集団が見えてきた。静かな朝の町を練り歩いている。きっと応援で同じところに行くんだろうなぁ、と思っていたら曲がるべき分岐を曲がらずに通り過ぎた。あれ?と思ってたら引き返してきた。スウェーデン人の馬鹿パックとか初めてみたよ。

 ちょうど戻ってきたところで僕と合流して「お前もオリエンテーリングか?会場はこっちであってるか?」みたいなことを聞かれて、一緒に進む。なかなか騒がしい集団で、S!W!E!D!E!N!とかなんとか叫んでた。そしてここから会場まで延々と登り坂。重い荷物を背負ってのこの道は辛かった…。

 スプリント予選会場に着くとすでにスタートが始まっていた。すぐに観衆の中に日本チームを見つけ一緒に応援。奥村さんらともすぐに合流できた。予選とはいえ、世界戦の雰囲気が確かにある。青い空に多くの観衆。なかなかいい気分。

 残念ながら日本から決勝進出はなかった。一番可能性がある、といっているスプリントで結果が出なかったので、今後とチームの雰囲気が心配。日本選手もミスが多かったわけではないようなので、世界の速さ、そしてその進化の速さに驚く。

 いったん荷物を置きに、宿となる学校に向かう。ここもバス停から急斜面を登らなければならない場所だった…。そして市街へ向かう。スプリント決勝の観戦だ。日本選手はでないものの、この雰囲気はやっぱりすごい。この舞台に立つのはどんな気持ちだろうか。きっと、心震える。

 やっぱり世界は女子のほうが名前が分かる。今年も優勝はシモーネ。僕の好きなマリアンヌは3位。この近くの大学の出身らしい。彼女の顔写真入りのTシャツを着ている人がたくさん歩いていた。金メダルにはなかなか届かない彼女だが、この国この街では、やっぱりスター選手なのだろう。

 会場に出ていたショップは高すぎはしないけど安くも無い、あえて買う必要はないかな、というくらい。公式TシャツはサイズがSからで大きい。色もオレンジしかなく、スタッフの着ている青のTシャツがカッコいい。

 夕食は小さなスーパーで買ったシリアルとつみれのような缶詰。これがなかなかのヒット。まぁつみれは最初肉かと期待して買ったんだけど。こちらのスーパーは日曜は大きな店は営業できない決まりになっているようだ。土曜も営業時間がかなり限られる。

 いよいよ明日から自分のレースも始まる。レースに観戦に外国生活。なかなか忙しいが、でもまぁ、楽しめていると思う。