ふと思い出したどうでもいい話

 子供の頃、僕は何と呼ばれていただろうか?あんまり覚えていない。下の名前か?んー、どうにもどっちでも違和感が。あんまり名前呼ばれることなかったのかな?その頃、兄は「みやぎ」と呼ばれていた。ドラクエなんかの名前が濁点含め4文字までで、ちょうどそれに合った。が、僕はその名で呼ばれることは無かった。

 時は流れ、大学生の頃、僕をみやぎと呼ぶ人が現れた。1つ年上の女性で、同じ大学同じバイト先の先輩だった。まぁちょっと変わった系の人ではあったけど、そういうの含めて僕には憧れのお姉さん的な先輩だった。時は過ぎ4年の頃だったか、その人は卒業して地元に帰っていたのだけど、ある日バイト先に電話をかけてきてくれた。しかも僕の連絡先を聞くために。その電話を偶然僕がとったというのも何という偶然か。
…今思うと、何かもう少し発展のしようがあったのでは?とか思う。あの頃もあこがれの女性であったはずなのに。電話番号は聞いたが1度も電話すること無く今に至る。もう何年前の話だろうか。きっと今は北陸の地で幸せに暮らしていると思う。そう願う。

 で、今は僕をみやぎと呼ぶ人はいないかといえば、いる。なぜかジェネシス関係者からはそう呼ばれている。他にそう呼ぶ人はいない。なんでだろ?ふと思い出したどうでもいい話だから、オチも無く。