【思考実験】24時間オリエンテーリング

1998年に初めて24時間リレーにでた。6人1チームで24時間以内に規定のコースを何周できるか、というやつだ。タッチはコースの始点と決まっているが、1人が何周走ってもいいし、走順も自由。最初の1周しか走らない人がいてもいい。そんな大会のオリエンテーリング版はできないか?とよく思ってた。

1つの会場をスタートゴールとするコースが1チームに30コースくらい与えられる。そのウイニングタイムを足すと24時間か、少し越えるくらい。それらを幾つ走ることができるか、というレース。

コースはスプリントからロングまで様々。最後の時間調整にスプリントを取っておくか、夜のナビゲーションが難しい時に持ってくるか。全てのコースを走りきってしまったら、そのタイムが速いほうが勝ち。ペナになったらカウントされないが、もう一度やり直す事もできる。順位は走りきったコースの距離合計による。

1チーム6から8人のチーム。誰がどのコースを走ってもいいし、順番も自由。常に誰かが走っていればいい。各チームにはテントスペースが与えられるので仮眠もできる。