最後の晩餐

朝から作業をこなし、もうちょっともうちょっと、とやっていたら予定していた出発時間に。慌てて用意して、10分遅れで電車に乗り込む。

初めて品川に降り立ち、待ち合わせに間に合わなかったので、直接お店へ。今日はロシアから来ていたPavelが急遽帰ることになったので、最後に食事を、ということで。メンバーは他に八尋さんとT橋の2人。
会話はやっぱり95%以上英語。八尋さんはペラペラ、T橋は時々言葉が出なくなるが基本的に僕よりはできる。特に聞き取りは。僕と話すときは平易な英語で話してくれるPavelだが、英語がわかる人がいればやっぱりそのレベルで話す。大体の会話の流れは掴めたけど、半分くらいはわからなかったな…。
百式の地図なんかをあげたら喜んでくれた。it's my treasureだってさ。アップ1000mはさすがにcrazyだと言っていた。
突然の帰国にはびっくりしたものの、前回も10月に一緒に福井に行って別れたが、年末からまた日本に来て再開できた。次も6〜8月くらいに来れるかもしれないとのこと。次会うときにはレースでも勝てたらいいな。

で、食事中にはビールを中ジョッキで2杯飲んだ。何故かいつもよりすんなり飲めた。でもたった2杯である。なのに妙に酔ったのか頭が痛かった。品川からの山手線が長いなーと思ってたら気持ち悪くなってきた。池袋に着いたとき、うまく歩けなかったけど、何とか下りねば、とふらつきながら下車。
しばらくホームで吐き気と戦いながら突っ立ってた。少し状態が良くなってきたので、まだ視界にパープルが混じってたり聴覚がおかしかったりしたけど歩き始めた。池袋線は1本見逃しても座って帰ろうと思ったのだが、次の電車まで20分くらいあって寒かったので立って乗車してしまった。
最初は大丈夫だったのだが5分くらいしたらまた気持ち悪くなって視界がパープルに染まっていった。遂に耐えきれなくなってその場に座りこんでしまった。座れば少しは楽だ。すると肩を叩かれ、何かと思えばサラリーマン風の男の人が席を譲ってくれた。すいません、と座らせてもらう。なんでこういう時ありがとうと言えないかな、僕は。譲ってくれた人はそのまま電車を下りていった。いつの間にか石神井公園駅に着いていたのだ。
座って何とか回復してきたものの、ちょっと意識が飛んだら下りる駅の次の駅を出るところだった。2つ隣の駅からまた引き返し、寒空の中に帰宅。