【思考実験】関東 大学スプリントシリーズ

思考実験シリーズ

概要

関東学連加盟の大学構内を使ったスプリント大会。全6〜10戦。

予算

新規地図は作らない。作ってもいいが、大会予算外とする。
参加費は関東学連加盟員は500円その他は1000円。純利益を関東学連・O-News・該当大学で三等分する。

役割分担

O-News(+有志)は広報、申込受付、コースセット、設置撤収、成績処理を行う。
会場となる大学は、地図の用意と、できれば大学との渉外、会場の確保。もちろんレース参加可能。
関東学連は(今あるのか分からないが)学連だよりに情報掲載。

日程

基本的に土曜昼開催。

シリーズ成績

レースごとに順位ポイントを与え、その合計で最終成績となる。

その他

  • 大学構内なので人数規制が必要かも
  • 埼玉パークOツアーズの大学構内版と思えばいい。
  • 何回走っても参加費は同じ。成績は最初の物。

メリット・デメリット

O-News…資金稼ぎ・各大学との繋がりの発生。運営負担は少しある。当日の運営人員の確保が課題。
大学…練習機会・構内地図の作成または更新のきっかけ。大学に渉外の場合は面倒そう。
関東学連…資金稼ぎ。新しいことを始めるのは面倒そう。

こういうのにしろ、関東パークOツアーの実現にしろ、誰かが中心となって推し進めれば実現はできそうな感じ。足りないのは金でも人でもなくて、そうやって「やる人間」なのではないか?自分はそういう人間になれるのだろうか?がむしゃらに、そういった動きをしなければ、先は見えてこないのではないか?