七福神オリエンテーリング大会

 最初は行く気はなかったのだが、実家方面の新年会が今年は無い(喪中のため)ということで実家に留まる理由が亡くなり、参加できることに。10月に一緒に福井・金沢に行ったPavelがまた日本に来ていて、七福神大会を紹介したということもあるし。

 ところが前日夜にうまく眠れなく、結局目覚ましアラームから30分して起きる。寝たのは3時間も無いくらいか。ほとんど支度もしておらず、慌てて用意。O-Ringenで買った赤のトレーニングスーツ(noname)を自分用にした。一応2009年内に売れなかったら自分のものにしよう、と思っていたもの。ところがこれの下のSサイズが売れてしまい、残るは上Sと下M、そしてISCの下(S〜M相当)。Mサイズのを履いてみたが…。足は、まぁ最後が締まっているのでなんとかなる。が、お尻部分が…。でかい、でかいよ!ということで上はnoname、下はISCというスタイルになった。まぁそんなに変わるまい。

 受付時間が9:30までだったが、着いたのは9:27だった。まぁ時間ぴったりに終わるわけでもないので普通に受付。周りは知っている顔もチラホラ。八尋さんや久しぶり(もう何年ぶり?)に岡部さん(ときわの方ね)に再会。Pavelもすぐに見つかった。相変わらず僕は英語が出来ないし、頭から英語モードが抜けているのでうまく喋れない。まぁ仕方ない。

 七福神大会は受付をするとコントロールカードとなる台紙と地図をもらえる。最初から見てもいいようで(どうせポイントは毎年同じだし)さっそく作戦決め。さぁ、どう攻めるか?

より大きな地図で 七福神OL大会マップ を表示

 結局時計回りに攻めることに。1番(北に1つポツンとあるやつ)を何時とるかがけっこうポイントな気がする。最後に回してみた。そうこうしているうちにスタートの時間。あ、まだちゃんとアップできてないや。


 スタート直後、同じ方向に行くのは僕含め3人だけ。あ、あれ?何か失敗した?と思ってたらこれは公園を出る回り道ルートだったらしく、すぐに他の人と合流した。いきなり失敗か!最初に2つの寺院が隣接している場所にいって雰囲気をつかむ。なるほどなるほど。一般の参拝客がいるので、あくまで爽やかに進まねばならない。

 どうにも右足脛が痛い。固い。アップ不足なんだろうけど。しばらく走れば温まってきてなおるだろうから、序盤は我慢我慢。信号待ちで「待つ」か「別ルートで行く」か分かれる。僕は「待ち」でその間に脛をさすったりしてなんとか状態をよくしようと。

 5個目、地蔵院のところでルートが2つあった。前にPavelがいたので、違うルートで攻めてみることに。これが失敗。細かい路地というのはいいのだが、出た先がうまくない場所だった。ここでまた差をつけられ、それ以降は姿が見えなくなってしまった。


 最後の聞修院がきつかった。手前のトンネルまでの登りはけっこう歩いてしまった。そのあとは下り坂が続くけど、それも膝には辛い。ここを取って、後は会場に帰るだけとなったが、また膝に違和感が出始めた。時々止まって屈伸したりしてごまかす。あんまり認めたくないけど、また腸脛靭帯やっちゃってるのかなー?まぁ「無理はしない」でボチボチやろう。

 結局6位だったらしい。80分かかってしまった。あとでルートを調べると15.1kmだった。コース案内で約15kmと言っていたのでほぼベストに近いルートがとれた、ということだろうか。しかし去年の柳下さんの記録が63分だった。この17分の差は果てしなく大きい。

 大会後、Pavelと八尋さんと岡部さんとで昼食。基本の会話が英語のテーブルに。僕の理解度は50〜70%程度か。なんとか概要をつかむので精一杯。でも英語での会話で笑うことができると言うのは、一応理解できている証として嬉しい。その後僕は車で帰ったが、3人は電車で東京方面へ。どうやらそこで来週の合宿にPavelが誘われたらしい。そうか、大会はなくてもこういうイベントはあったな。

 15km走ったので、もう今日のトレーニングはお終いでいいのだが、あまりに早くあっさり終わったのでなんか物足りない。また夜に走るかー?という気分になってくるのが不思議。これなら朝夕2回の練習もできるんだな。まぁ結局走ってないですけど。