O-Games終わって

 O-Gamesの運営が終わったら、と考えていたことが未だに何一つできていない。つまり、未だに運営は終わっていないということ。会計が相変わらず適当にやっていたので、ちゃんとメモとか取っていなかった分がどうにも…。まぁなんとかなるし、何とかするんだけど。それにしても、未だになにか疲れている。ちゃんと回復させないと。

 とりあえず今回も(少ないとはいえ)黒字になっているし、直接の百式スタッフには日当も出せている。前回の半分だけど。撤収手伝ってもらった人には地図を渡したけど、もっとちゃんとお礼すればよかったかも。

 今回は大井が来れなくなった(会社でインフルエンザ発生→自宅待機)のが痛かった。計センのシステムで一度は関門ごとに読み込んで無線でネットワーク、なんてのも考えていたけどそれにしなくて良かった。今回は読み取りは全部会場(フィニッシュ)で関門では交換だけにした。これなら誰でも(僕でも)できる。

 そんなことも含め、反省は幾つか出ているんだけど、これもちゃんとまとめておかないとな。なんかやらない気がするけど。参加者からも次回についてだいぶ期待されている。やりたいとは思うけど。さて、どうするか。まぁまずは百式の前にジャンボリーをやろうと思っているんだけど。

 前々から年間4大会やりたいと思っていた。しっかし…2大会でもけっこう辛いな。今の僕のサボリ癖というか仕事遂行能力では4大会やっても破綻が目に見えている。それに、あと2大会ってどんな大会がいいのやら。

 今回、関門(E-Card交換)が会場以外の場所でやることができた。つまり、これはオリエンテーリングでも駅伝みたいなことができるということ。毎回会場に戻ってくるリレーもいいけど、全員の力で少しずつ進んで行くような、そんなリレーもおもしろいかと。前にぞんび〜ずで『村山口登山道』と『砂沢』と『丸火』を合わせたロングやったけど、それぞれ1マップ1人でリレーしたら、それもいいかも、と。

 まぁ、いろいろ考える(べき)ことはあるわな。