全日本リレー


 朝起きると、眠い。そして左足の痛みがある。恒例となった朝の散歩で海岸までみんなで出る。それだけなのに一歩ごとにジンジンくる。まぁ鈍く感じるだけなので、気にしなければどうということもないのだが。

 会場は晴天。雨の予報がでているので店をどうするか悩んだが、装備を減らして一応の営業。ほぼコンパスのみ。1走なのでその準備もしなければで慌しい。

 そしてスタートが迫る。並びはまったくの(エクセルの乱数によるらしい)抽選。埼玉4軍の自分が最前列で1軍は3列目とか、それはちょっと…。応援は相変わらず照れるが嬉しい。これが1走の一番いいところ。せっかくなのでスタートダッシュする。最上部の写真はその時の。ここでいきなり鋭角に曲がるのだが、ほかの人がかなり膨らんでいたのでインを取らせてもらう。こいつらスタートダッシュするのになんでこんなにアウトに膨らむんだ?とか思ってた。いい感じにコバトモも前に行っている。このあとの登りで僕が遅れれば後ろの栓になるな…とか思ってたが肝心の1軍がまだ前に来ていない…。そして自分が多少スピード落としても前との差が広がらない。う〜ん…。

 その後のレースは、なんだか、まぁ、いつもの自分どおりというところか。リレーだというのにけっこう歩いたりも。まだ岩手のときのほうがひたすらに走っていた気がする。ミスもしつつ、事前の宣言どおりに1時間でフィニッシュ。やはりリレーで痛感するのはいつも同じ。体力というか筋持久力の無さ。最初の展開に付いていけないんだもの。自分のレースはできるし、他人を利用することもけっこうできるものの、これでは「勝負」をすることはできない。

 レース後、写真を撮ったり。でもやっぱり1人のレースの時ほどには自由に動けない。雨が降ってくる前に自分の資材を撤収。雨の前に終わってよかった。自分のチームの結果はDISQだった。チームメイトの1箇所のミスパンチによる。一番難しいレッグのところだった。このDISQに対して特に残念とも思わない自分がいる。ていうか自分のチームのリレーの成績にあまりこだわらない。トップとか、入賞とかポイントとか、そういうのが関わらない位置にいると自分のチームに関しては走れるので満足。楽しく走れるのが一番。そんな風に思っているようだ。自分に関わりのあるチームのトップ争いには興味があるらしい。もう少し自分についても成績に対する拘りとか欲とか持ちたいところ。悔しさも覚えないで上に行ける訳が無い。

 表彰式の頃には雨がひどくなってきた。メダルの文面がおかしいところがあったらしい。金メダルに2位とか書いてあったとか?これは僕の発注ミスなのか、業者側のミスなのか?今回の全日本リレーに関しては僕のミスがけっこう多かったため、確認するのが怖い。

 帰りは渋滞に予定通り巻き込まれつつ、(行きもそうだったけど)1人で雨の高速を走る。車の中で1人歌いすぎて喉が…。最近のお気に入りはマクロスFの娘々スペシャルサービスメドレー。なんつーか、僕の好きな展開。