アンチドーピングと風邪薬

 やっぱり風邪っぽいので、風邪薬を飲もうとしたら部屋には2005年が使用期限のものしかなかった。で、ドラッグストアに行って購入。種類はいろいろあるけど、ドーピング検査に引っかかるのは嫌だなー、と。しかしどれが大丈夫なのか分からない。適当に安いのを買う。

 帰宅後、食事をして薬を飲む前に調べる。
http://www.anti-doping.or.jp/doc/2_prohibitedlist.html
 2009年版はなぜか僕の環境では検索ができない(コピペしようとすると文字化けする)ので2008年版で調べる。風邪薬の箱に書かれている成分を1つ1つ入力して調べる。すべて入力するのは面倒なので、一部分を入力して検索、という手法。
クレマスチン(フマル酸クレマスチン)…OK、アミノフェン(アセトアミノフェン)…OK、リゾチーム(塩化リゾチーム)…OK、ジビドロ(リン酸ジビドロコデイン)…ジビドロという文字は幾つかあったけど、ジビドロコデインはOK、エフェドリン(dl-塩酸メチルエフェドリン)…アウトーーーーー!!

ええーΣ ̄□ ̄;

 もいっかい、しっかり調べてみる。エフェドリン、メチルエフェドリンというのがダメらしい。塩酸〜て付くのがどう影響するのかわからない。「dl-塩酸メチルエフェドリン ドーピング」でググってみる。
dl-塩酸メチルエフェドリン ドーピングの検索結果

 どうやら過去にもシドニーオリンピックなどでコレが原因で金メダル剥奪になったケースがあるらしい。危ねー危ねー。もう少しで飲むところだったよ。明日は全日本スプリントだし、ドーピング検査の可能性は十分にある。ちゃんと調べて良かったよ。…まぁ、実際に検査するのはA-Finalに残った人だけだろうけどね。

 しかしまた買いに行くのも面倒。今日は栄養も摂ったし、暖かくしてさっさと寝よう。熱はなかったんだし、しっかり寝ればすぐに治るさ。