下降

 どうも波が不調のようで、暗黒面を彷徨いつつあります。そんなわけで寝たのは3時過ぎ。うとうとした頃には外が明るくなり始め。眠気が来ても、なぜだか寝ようとせず、いつまでもダラダラ過ごしていた。

 9時に起きれたら川越のパークOに行こうと思いつつ寝る。起きて携帯を探す。枕元に無い。身体を起こして掛け時計を覗く。11時。一瞬の逡巡のあと、再びベッドに倒れこむ。

 夢の中で大魔王が変身し、一度逃げ出す。「知らないのか?大魔王からは逃げられない。」はずなのだが、仲間が残っているせいなのか戦闘範囲から逃げ出すことに成功。すぐに戻るとなぜか戦闘中断。場所を変えるという。そしてその空き時間に精神と時の部屋に入る決心をする我らが勇者パーティー。

 現実世界で枕を抱えながら目覚めると、14時だった。パークOの受付締切時間だ。