新大杯

 前日のうちに実家に移動し、新潟大の夏合宿、会内杯だけ参加させてもらった。2007年以来2年ぶりの参加だ。昨年は新潟大の合宿直前に自主練合宿だったな。

 実家で気持ちよく寝れるかと思ったが、やっぱりダメだった。24時過ぎには布団に入ったものの、2時ごろ・4時ごろに起きてしまう。2時ごろは、たぶん兄が帰宅した時間。起きて少ししたら車の音がして帰ってきた。何か予感でもあったのだろうか。そして4時に起きてからは眠れなくなった。6時半には起きるつもりだったので、もういいやとドラクエを始める。時間とともに暑くなって来る…。

 その後は予定通りに会場にたどり着き、新潟大の方々と合流。集合場所が丸火自然公園駐車場となっていたが、これがペンショントイレのことを指すのか、少年自然の家の近くを指すのかが分からなかった。ペンショントイレの方だった。もう1つは正式名称何なんだろう?やっぱり自然の家の駐車場なのかな。

 さてレース。プログラムでは距離9.5kmだったのが8.7kmくらいに減っていたが、アップが300m→370mになっていた。う〜ん…。どちらにせよ、そんな長距離は最近は走っていない。もつかな…。
 朝は涼しかったが、時間とともに暑くなって来た。途中の給水や会場でのセルフ給水はあったが、暑さを考慮して事前に水分をよく取っておいた。しかしスタート直前は腹がタポタポしている感じ。まずいね。アップはそれなりにできた。ラストスタートだったし。でもスタート直後の登りは苦しかった。う〜ん…。

 会内杯は部外者である僕にとっては関係ないのだが、それでもレースモードで走った。練習ではなく、レースとして、面白くなくても、道走りでも、早いほうのルートを取った。わざわざ部外から参加しているんだから、それなりのタイムは出さねばなるまい。

 しかし、どうやら前半に飛ばしすぎた模様。いったん会場に戻ってくるところまではわりと順調だったのだが、その時点でけっこうバテていた。しかもその後に右足の靴の中で棘が刺さってしまったのか、踏むたびに痛みが。靴を脱いで取り除こうとするが、3回目くらいでようやく大丈夫な状態に。ここでもう心が保てなくなっていた。レースモードから抜け出してしまった。

 何とか頑張ろうとは思うものの、登りに身体も負け、つぼってテンションも落ち気味。更に周りに競技者が全然現れず、テンション高める道具もない。そんなかんじでフィニッシュ。結局3位ということに。2位だった谷川くん(名大)には途中で追いついたんだけどなー。そこからジリジリ離されていくのが何とも…。とりあえず現状でちゃんと走れるのは60分くらいらしい。…以前と変わってないな。

 全体的に、コースもルートチョイスが多くのレッグであったりで面白かった。パトロールの人たちが会うたびに「頑張ってくださいー」と声をかけてくれるのが印象的だった。新潟大の人たちともっと知り合いになっていれば、もっと楽しめたのだろうが、そこはまぁ仕方ない。部外者的位置にいるおかげでちゃんとレースモードで走れたしね。

 O-Ringenからこっち、オリエンテーリングでの課題ばかりが見つかる。少しずつでも、向上できるようにがんばろうか、どうしようか…。