ミドル+ロング=クラシック?

 下宇坂大会が狙い目かも、なんて書いたけど、そういえばこの大会はミドルだった。それではきっとダメだ。だって、ミドル好きくない。大学生の頃は体力無いこともあって、ショートのほうが結果が出ていた。でも、今はミドルとかあんまり好きじゃない。面倒なんだもの。細かく地形読んでナビゲート、とか好きな人は好きなんだろうけど、僕はそういうタイプではない。山を、林を気持ちよく走り抜ける、体力の限界に挑む、とかそういうのが好きなんだ。

 実際、今はロングの大会のほうが(その時の身体の状態に限らず)相対的にいい成績が出ている。もっと体力つければ、もう少し上も狙えるのかしら。

 そういえば、中学のときに卓球をやっていて、卒業後も体育の授業等でやったけど、プレイスタイルが全然変わった。やっぱりいろいろ面倒になって、スマッシュとかよく打つようになった。回転はほとんどかけないようになった。なんだか今の状況と似ている。

 さくらんぼ大会はロングだけど、ミドル的な部分もある、みたいに書かれていた。日本じゃ思い切ったロングレッグが組みにくいとかあって、度々そんなコースを見かける。ミドルっぽいコンセプトのあるロングって…クラシックじゃん。あぁ、だから相性がいいのかもしれないな。