惜しいことをしていた?

 昨日のさくらんぼ大会、公認大会で、カテゴリはBだった。結果を見ると7位という意外な数字。2007年9月の東北大大会のときと同じ7位。もっとも、レースの感触は全然違うけど。今回は最初っから何も期待せずにレースしていたし。

 公認Bということで、M21Aの3位まではE権が手に入る。

1 大橋 悠輔 1:03:34 東北大OLC
2 三森創一朗 1:07:55 東北大OLC
3 太田 貴大 1:09:09 青葉会
4 奥村 理也 1:11:39 OLC吉備路
5 高橋 元気 1:12:24 みちの会
6 藤生 考志 1:12:56 東京OLクラブ
7 宮城島俊太 1:15:39 みちの会

E権まであと6分だった。たったの6分。今回のレースを振り返ると、2ポでいきなり4分のミスをしている。なので、あと6分というのは、縮められない数字ではなかったはず。上位のほかの人のレースも決していいレースの結果だったわけではないだろうが、そういうほかの人が調子良くない中でいいレースができれば、チャンスはあったのだ。

 今は身体がやっぱり以前ほど動かなくて、少しずつ戻している時期。平地は段々戻ってきた感触があるけど、登りはやっぱり不足。そういう状態がわかっているからこそ、あだたら大会以来「ぬるぬる進むオリエンテーリング」を目指してレースしている。これはつまり、決してキレがあったり速いスピードではないけど、そつなくこなして淡々と進む、というイメージ。老獪な、といってもいい。これが実現できているかは疑問だが。

 もちろん、今回は参加メンバーが良かった(層が薄かった)というのはある。それを事前に良く見て気合入れとけばよかったのかな?ということは、10月の下宇坂大会(福井)なんかは、けっこう狙い目なのかも。ただ、ハセツネから1週間で、どれほど回復するか。前回は1週間後の大会は身体が重いどころか、気持ち悪くて辛かった。まぁ、とにかくやってみるか。