呪いの価値は

東原亜希という人がいる。
東原亜希 - Wikipedia
東原亜希伝説
東原亜希−アンサイクロペディア
そういう人がいる。そして、僕も似たような力を持っているのかもしれない。

ICL2005、まったく応援とかに気を入れていなかったらT橋優勝。
IC2005、愛知。ミドルでT橋を応援→予選落ち。リレーで東北大ていうか後藤大輔くんを応援していた。→フィニッシュ後、彼は悔し涙を流した。
IC2006、「それぞれのインカレへ」でインタビューした西村君はミドルで優勝。これは唯一の例外事例。藤沼君は9位。リレーでは京大と筑波大を応援していた。→両方2位
IC2007、ミドルは千葉さんを応援。→2位。あの子には予選前は話しかけず、予選通過。昼に話したら決勝ボロボロ。リレー前日夜に成り行きで東北大の宿へ。→2位。筑波女子を応援→2位。あの子には話しかけず。→それなりのレース。
ICL2008、小見山と神谷くんに「それぞれのインカレへ」インタビュー。→撃沈。あの子にはモデルイベントでも一緒に回って、かなり気を入れる。→1ポの直前で怪我、全治2週間。スタート前の崎田にトイレで遭遇、ちょっと話しかける。→数秒差で2位。
IC2008、もう誰も応援しない宣言。あの子は予選を予定通りの位置で通過。昼に話しかける。→決勝は悔しい結果に。小見山に一切話しかけなかった。→入賞。リレーの日、男女ともスタートを観戦せず。→あの子ったらビジブル区間にトップで現れよった。結果、2位で2走にタッチ。椙山の優勝が濃厚になってきた頃、心の中でワクワクしつつ青山さんが現れるのを待つ。→東北大が15分差をひっくり返して逆転優勝。

…いろいろ凹むよね。