そして現実的な収入

 ずっと前だが、hidiさんがオリエンテーリング大会運営会社について書いていた。参加費5000円の大会運営を3人でやって、参加者1000人、そんな大会を年2回やったとして(経費を考えないで)1000万円。1人辺り333万円。経費を考えれば、いかほどになるだろうか。年4回なら666万円マイナス経費。

 日本のサラリーマンの平均所得はたしか400万円くらいだったかと記憶している。(けっこう曖昧で適当。)いまや化け物大会となった日本山岳耐久レース、ハセツネカップの参加者は2000人。実際は2200人くらいいると思う。参加費が確か1万円くらい。1つの大会で2000万円だ。とてつもない額だと思ったが、それで雇えるのは平均所得5人分。経費を考えずにね。たった5人なんだ…。5人であの大会は運営できない。同じ規模の大会を年4回開いて20人。

 O-Newsで年4回大会、というのは自分の中での目標の1つになっているんだけど、それをやったとしてもとても生活はできないんじゃないか、と思い知らされる。大会運営をやりつつ、それと平行して何か安定した収入が得られる「何か」、それを見つけなければやっぱり難しいんだろうな。