有度山トレイルランニング大会

 この日は運営手伝い。9時集合ということで、余裕を見て2時起床3時出発。

 途中、東京家政大付近の日陰で道が凍っていたようで、少しだけすべる。そういえば昨日は雪が降ったとか言っていた。…これから通る山のほうは大丈夫だろうか?と思っていたら「津久井方面路面凍結。チェーン必要」みたいな表示が…。やべ、チェーンをアパートに忘れてきたよ…。
 で、どうしみちの入り口みたいなところ、雪がありました。まぁ、通行する道路のところは薄く積もっているだけ。除雪車の活動後だ。…まぁ、ゆっくり行けば大丈夫…だろう。後ろから車がきたら下手な抵抗はせずにすぐに抜いてもらおう。そんな風に考えて突っ込んだ。

 結果、ほとんどほかの車を見ることもなく(すれ違いはした。お互いに低速で。)道の駅までこれた。

こんな状態でした。

 …まぁ、いいや。とりあえず山を降りたら雪もなくなり、普通の路面。なんとか無事にたどり着きました。

 運営仕事もそれなりにこなす。というか、そんなに面倒な仕事もない。簡単気軽なお仕事です。話をしていて気がついたこと。

  • 宮内さんは年上なのに僕にも敬語で話してくれる。(たいていの人には敬語だよね。そういうところでもすごいなぁと思ってしまう。)なので、逆に僕がタメ口になってしまう場面があった気がする。気をつけねば。
  • 素人はなめてはいけない。あなどれない。いろんな意味で。想像の斜め上を行くと思え。
  • オリエンテーリング系のトレラン大会はルートの目印がわかりにくいと不評らしい。おそらくこれは以下のようなこと。
    • 自分たちがわかるからわかると思ってしまい、参加者の能力を把握(考慮)しきれていない。
    • オリエンティアはlook upが知らず知らずできている。(なので目印が上のほうにあるが、トレランの人は下しか見れない。)
    • 多くのトレイルランナーは地図なんて見ない(携帯しない)し、事前にコース図が頭に入っているわけではない。

 目印に使ったストリーマーは、伸縮素材の布みたいなので、端っこに切れ目が入れてあり、反対側をそこに差し込めばいいというもの。伸縮すること、布なので木にやさしい、切れ目で設置が簡単といった特徴が。これはなかなかいいなぁ。愛知から送られてきたらしい。

 茶畑とかある山の雰囲気というか匂いがひじょうに懐かしい。故郷の匂いだ。

 久々に、堀出さんとも会えた話せた。ちょっとうれしい。

 運営終了後、K-Skeとともに明日のロゲインでユニフォームになるような(=ペアルック?)がないかアラジンとかユニクロに物色に行くが、目ぼしい物がない。ということで僕の持っていた色違いのウィンブレ(もどき)を使用することに。

 実家に帰ると、もう眠い…。夕飯はシチュー&栗ご飯。栗ご飯なんて久しぶりだ…。