インカレロング

とりあえず無事帰ってきた。

忘れないうちに気になったことを。
インカレロングのプログラムにはこう書かれています。

競技会場にて花束の販売を行う予定です。表彰者に花束を贈呈する場合には、あらかじめ舞台そでにお集まりください。ただし、花束の贈呈は、表彰者1 名に対し代表者1 名とします。

が、それは全然守られておらず、数年前のように1人の表彰対象者に対して数十人が群がって、花束やバナナなんかを渡し、なぜなのか僕にはわからないのですが、集合写真を撮っていました。
数年前に、こういう状況や、それによる会場施設の被害からの影響でしょうけど、上記引用部分のような文がプログラムに書き加えられるようになりました。で、当初はそれが守られていたようです。(まぁ、それも花束を渡すのが1つの団体と決め付けている、という気がして変なんだけど。まったく別のファンがいたとしても、代表者1人に限られてしまう。)

また、学生併設クラスなどの表彰のとき(?)はそうやって群がる学生に対して「花壇には入り込まないようにくれぐれも注意してください」と放送していた。が、それも式が進むにつれ激しくなり、アナウンスの語調も強くなり「だから入るなー!あーっ!」と叫んでいました。実際酷い有様にはならずに済んだようですが、多少は花壇に入り込んでしまった人がいたのではないでしょうか?(あくまでアナウンスからの想像)
ちなみに、選手権クラスのときは、花壇が耐え切れないと判断され、表彰対象者を段から下ろしていました。

プログラムに書かれていた約束を守れない、という団体は何かしらの処分があってもおかしくありません。例年(エントリーが遅かったとかで?)会場清掃をやらされるところもありますが(普通に善意のボランティアで手伝う学校もけっこうあります)それくらいでは済まないと個人的には思います。ミドルの学校枠取消くらいしてもいいんじゃないかなーと。まぁ、どうせ表彰台にあがる学校が対象とすれば、学校枠がなくてもあまり関係ないのかもしれないけど。

ちなみに表彰式インタビュー
ME
D
WE
D