夢の島スプリント

 朝起きるも、かなり、行くのをやめようかと思った。でも、がんばって起きた。新木場駅までは乗り換えなしの1本で…朝なら行けた。
 会場に着き、とりあえず時間を待つ。スタートまで1時間ほど。
(略)
 スタート。地図を見た瞬間、違和感。なんか焼け焦げたような印象の茶色、紙質。これ、レーザープリンタ出力か?そういえばプリンタが5台ぶっ壊れたとか書いてあったので、いつもの地図印刷用のプリンタが使えなかったと言うことなのかもしれない。紙は…レーザー用?

 1ポから適当にまっすぐで行ってしまった。たいしたロスではないが、手続きをおろそかにするのはいただけない。しばらく順調にこなすも、息が切れる。時計を見るとまだ5分。5分しかもたないかー。と思ったが、スタート1分前から計時を始めていたので、実は4分しか走っていなかったのだが。

 10ポで大きくミス。川(池)が見つからず、走りすぎ、フェンスを見て「これは何(どこ)だ?」と焦る。フラッグが見える。11ポだった。走りすぎた感はあったが、やはり。その後、12ポまで、縮尺に慣れなかった。

 13ポで番号を確認。ここで13と14のポスト番号が逆に頭に入ってきた。なので、13にいるのにまた間違えて14に来てしまった!と考える。少し引き返すが、場所的に間違いない、おかしい、と思って再びデフをチェック。あれ?いいんじゃん…。馬鹿だった…。

 15の脱出で5分後スタートのT橋とすれ違う。やばい、もう5分追いつかれた。しかし16で失敗(隣ポに2つも引っかかる)し、あっさり抜かれる。その後、さらに1分離されたようだ。

 全体的に、走れないのはもとより、頭が付いていっていない。走ることで精一杯になっているのか、オリエンテーリングに慣れていないのか。スピードを出して、身体を使っているときの判断力とかがかなり甘い。スプリントに限らずだけど。