自作デフケースへの道 その1

 東大大会のときに、小笠原さんが自作のデフケースを販売していた。前々から作っているのは知っていたし、試作品も少し見せてもらっていたが、ついに販売になったようだ。でも、けっこう縫製とか、さすがに企業製のものと比べると…。

 で、自分もデフケースは持っているのだが、自作できないかな?と。とりあえず自分の持っている2つのデフケースをよ〜く見てみる。

SILVA製。.com/passより購入。Sサイズ。長いのは自分の腕には大きすぎるのだが、コントロール数が多いと入りきらない。表のビニル面にSILVAのロゴが出ているのが難点。(確か今販売中のものはこのロゴはない。)デフは上から入れる。

裏面。ゴムひもとマジックテープで腕に取り付ける。

去年のJWOC(オーストラリア)で買ってきたもの。vaproというメーカー。日本ではあまり聞かないが。デフは右側から入れる。写真のデフは駒ヶ根スプリントのもの。入りきらなくて△〜3とラスポ〜◎は折りたたんである。

裏はゴムベルト。自分的にはけっこう余る。ベルと部分のポストマークが可愛いと女性には好感触。

100円ショップで使えそうな材料を買ってきた。ここまで420円。