その気にさせないで

 某友人宅へプリンタを届けに行って、ついでに一緒にトレーニング。かなり暗いトレイル(?)を走った。ヘッドライト持って行けばよかった…。だんだん慣れてはきたけど、明るいところから暗いところに入る瞬間は怖い。頭の中で「暗順応、暗順応…」と唱えていました。そう唱えるとともに目が暗闇に慣れていくから不思議!

 人と走るのは久しぶりということもあり、その後食事もご馳走してもらえ、いろいろオリエンテーリング話もできて、なかなか気分いいです。でも、やっぱりたまにだからいいのであって、人といつも一緒、みたいなのはやっぱり苦手です。カッコよく言えば自由人フリーマン孤高の男。悪くは、言いたくない。

 なんとなく、身体の調子が上向きになっていることを感じる。心拍数にはまだ現れていないけど。

 現実的に考えると無理と思えるほどに可能性は低いけど、まだ「東北大or東海ブロック大会でE権獲得」→「ときわ大会で全日本選手権出場権獲得」→「神奈川全日本選手権出場」という希望(可能性)は残されている。刺激としては、十分だろう?まだ終わったわけじゃない、僕は、がんばれる。