無知が情報に触れるそのとき

 やっぱり、僕は何も知らなかったようだけど、それでも世の中はどんどん動いていたようだ。