今週読んだ本

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 んー、なんか、ザーッと読んでいて、あれ?と思い出して少し丁寧に読み返したり、よく意味がわからなくて何度か読み返すとかがあった。薄い本だったので、案の定、通勤2往復しか持たなかった。

 で、村上春樹の本を読むのは「ノルウェイの森」に続き2冊目なのだが、なのだが…。前回のと主人公の性質がかなりダブって見える(読める)のだけど、村上春樹のほんの主人公ってみんなこんなんなの?まだ2冊しか読んでいないけど、こうも似た印象だと、次を手に取るのが怖い。

 たぶん、自分はもっとちゃんとした物語調のものが好みなのだろう。だから、これらよりもハルヒとか読んでいたときのほうがずっと先が気になった。合ってないんだろうな。でも次に読むのはもう買ってあって、それは岩井俊二の「スワロウテイル (角川文庫)」だったりする。最初、映画を試写会で見て、16000円もしたビデオまで買った。で、小説版も読んだ気はするのだが、まぁもう一度読むのもいいかな、と思って買った。一緒に置いてあった「ラヴレター (角川文庫)」は、確か実家にあった気がするので、今度帰ったときに持ってこようと思う。