今読んでいる

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

 先日アニメを見たので、小説(原作)にも手を出してしまいました。ブックオフでちょうど見つけたので。350円。

 昨日から読み始めて、2日で最後のほうまで来てしまった。読み易いと言うか、1ページあたりの文字数が割と少ないのでスイスイ読める。しかし、この年になってライトノベルを読んでいると、ちょっと恥ずかしくなったり。挿絵のあるページはなんか読むスピードが早くなってしまいます。

 ストーリーはだいたいアニメでわかっていたので、それを追うように読み進めている。どうしてもアニメ版のシーンが頭に浮かんでしまう。脚本を読んでいる気分。…つまりはアニメが優秀だったってことだろう。

 さて、絶対に明日の行きの電車で読み終わる。次はどうしよう?「憂鬱」の次は「溜息」らしいが、近くの書店(中古本屋)にはなかった。唯一「憤慨」があったが、これは8巻らしい。amazonで買ってしまうか、オークションでまとめ買いするか…。とりあえず9巻セットをポチっとな、してしまった。まぁ、高値更新されても、もう入札はしないが。

 一応予備の本は用意してある。吉本ばななのTUGUMI(つぐみ) (中公文庫)。この人の本も例のごとく読んだことは無いが、中高生時代、国語のテストなんかで何度か登場していた。そのときは何だか読みやすくてストーリーが気になったものだ。いまさらながら、いい機会だから読んでみようと思っている。