埼玉県協会大会

 ここからだと森林公園も近い。予定では1時間くらいで着く。途中、目の前に自分の車と同色のエアウェイブを発見。…ひょっとして柳下さん?と思いながら追走。2車線になって隣に並び、顔を確認。やっぱり柳下さんだった。コンビニへ入ろうと思ったら同じコンビニへ入ったので、そこで挨拶。近くに住んでいて同じような時間にでればこうなるか。そういえば新さんも近くに住んでいるらしい。

 会場に着き、東日本大会の受付準備をして、走っている間のことを他の人に任せることにして、準備。どうせレース前に申し込みをする人はたぶんいないので大丈夫。

 今回はクラブカップのクラブ内セレクション最終(というか多田野VS宮城島)だったので、少し気合を入れた。膝が治っていないことは分かっていたが、バファリンの痛み止め+コーヒーというドーピングにて挑む。…なんか、バファリン効いている気がします。コーヒーは分からないけど。ちなみにコーヒーというかカフェインは昔はドーピングに引っかかったらしい。今は大丈夫だけど。

 痛みは最小限で収まっているが、やはり体力がない。3ヶ月くらい走っていないからなぁ…。クラブカップリレーのことも考え、最初の30分が勝負だと思っていた。が、10分くらいで疲れ始め、20分くらいでバテ始める。上り登れない。30分すぎたところで、もういいかな?とも思ったけど、ちゃんとレースで勝てばAチーム入りできる、とハッパをかけがんばる。後半はかなりバテバテで歩く区間もあったけど何とか完走。会場で多田野がまだ帰っていないことを聞く。スタート時間は僕よりけっこう前なのに…。勝った!やった!(が、成績を見る限り、姿を見なかっただけで、たぶん多田野もゴールしていたはず)

 成績を見るとなんと番場さんにも勝っている。ラップを見ると1箇所5分くらいのミスをしているところがあったので、そのおかげで勝てたようだ。まぁ僕もミスはしているが、あのスピードではそれほど酷いミスはやりようがない。足と体力が万全ならあと5分は速かったと思う。でも今はこの程度。

 レース後の簡単なミーティングで僕のクラブカップAチーム入りが内定。スプリントコースの5走となった。これは自分の希望から。ときわ走林会での最後のクラブカップで監督とAチームで走ることができて嬉しい。まだ走っていないけど。とりあえずペナだけは避けるようにがんばろう。

 東日本大会のほうも盛況でかなりの会場申し込みがあった。事前に告知していればもう少しあったかもな。次はCC7で会場申込。でも、そんな余裕あるかなー?