JWOC合宿3

 1日目っつーか何と言うか…。眠ろうとしたら気分悪い夢でもみたのか、サイアクの目覚め。30分しか眠れなかった。で、0時45分くらいに出発。さすがに深夜の16号は空いている。阿見に3時過ぎくらいに到着。30分くらい眠ることに。

 3:30頃、起きると明るくなってきていた。まだ時間があるので散歩に行く。寒い。車に戻ったところでちょうど畑岡さんと合流。そのまま入間へ向かう。

 6時15分ごろ、待ち合わせ場所の7-11で高野さんと合流。うん、今回はスムーズだ。最近いつも遅刻だったからな。で、拝島駅に6時50分くらいに到着。新妻さんを待つ。
来ない。
7時過ぎ、電話をして、なんとか連絡がつく。最寄り駅に向かうので、その間に支度しておいてもらうことに。これが失敗だった。

 近くの駅に行くまでの道が渋滞。そして、何とか合流するも、その後つぼる。なぜか立川駅とか行ってるし。拝島駅まで戻ったら1時間以上かかっていた…。その後、高速を使って移動。すでに疲れている。

 途中、みんな寝てるし、自身の眠気もかなりヤバくなったのでPAで休憩。あぁ、ヤバかった…。その後は眠気に襲われることも無く、快調。

 ようやくメニュー。最初のメニュー(兼設置)では勢子辻の微地形をゆっくり観察。川上君のグループについて行って勉強させてもらった。ところが、なぜか距離感が合わない。どうも感覚よりも遠い。
 …そういえば先々週は千本松公園で1:4000に感覚あわせて、先週も幕張海浜公園で1:4000だった。東大大会は走らなかったし。つまり、からだが1:4000対応になっていたってわけだ。どうりで…。

 その後のメニューではまず河村につく。途中で「なんか微妙にずれるな。コイツちゃんとコンパス見てるか?そういえば直進とかセットしてんのかな?」と思ったところで気づいた。河村ってノーコンパスだった…。勢子辻でノーコンパス…。

 次は松永さんにつく。あー、なんだ、僕の感覚も少しずれていた。だが、大筋はあっていたのでよしとしよう。走っている姿を見ると、飛び跳ねる量が少ないように感じた。なるべく頭(視線)の高さをかえないのはいいこと。バランス感覚はよさそうだ。もっとスピードを出せば、わからないけど。

 やっぱりジュニアはスピードが無い。普通に走っているところでも、少し離れてもすぐに追いつくし、コントロールで立ち止まっている時間が長い。全体的にスローペース。練習だからペースが上がらないのか、勢子辻だからか?でも膝が痛い自分でそんなん思うんだからなぁ…。

 夜はバーベキューだった。この辺りまでで津國君と挨拶を交わし、仲良くなる。なかなかいい子だ。写真写り的にインカレ−全日本くらいで注目はしていたのだが。

 夜、ミーティング終了後、酒を買ってくる。俗に言う「関東」というのは結局南関東(ていうか東京+神奈川)だよな〜とか思いつつ、関東(主に学生界?)って怖いな〜と思う。そしてそれらの情報が(望む望まないに限らず)ほとんど入ってくる川上君は凄いとも可哀相とも思う。まぁ、本人楽しそうだからいいけど。その場である人に告白メールして振られてたけど、まぁ本人楽しそうだし。そして、その川上君の話術は凄いなぁと思った。最初否定的な態度を取っていた人でも、何時の間にか暗黙のうちに認めたうえでの話になっていた。本人気づいていなかったみたいだけど。…あぁ、怖い怖い。

 そんなわけで、睡眠時間1時間のわりに夜中まで飲んでた…。明日…。