全日本選手権

 6時半起床。昨日の酒のせいか、体がだるい。シャワーを浴びていると、昨日デジカメの電池が切れたことを思い出す。予備の電池だけでは不安が残る。しかしあと15分の間に充電が完了するとは思えない。…急いで佐々木くんにメールし、車でコンセントが使えるやつを貸してもらう。感謝。

 予定通り2時間半ほどで到着。東日本大会の調査費用などの中間支払を受け取る。1万6千円ほど。かなりありがたい。そのお金を使ってオリエンテーリングマガジンの購読申込。1年契約にして毎年全日本で更新予定。が、来年度は全日本3月じゃないんだよね。どうしよう。

 会場に向かう途中で食べた朝ごはんがまだ腹に残っている気がするが、時間は迫ってくるのでスタートへ。そこまでの軽い坂道で呼吸が乱れる。こりゃ駄目だ。不安を残しつつ、スタート枠へ。2分前枠で地図修正の入ったマップを見る。1:15000と1:10000がある。…M21Aって、どっちなんだっけ?(プログラムでチェックしていない…。)1:15000はエリートクラスだけかな?なんて思いながらスタート。あ、1:15000だった…orz

 縮尺の違いに戸惑ったのか、最初のコントロールで思いっきりミス(ショート)をした。藪が見えたので道から外れたのだが、ぜんぜん手前のほうだったらしい。やれやれ。それでも何とか1ポにたどり着いて脱出すると1分後スタートの宮内さんが現れた。(やっぱり)もう追いつかれた!という思いとともに、とりあえず1ポまでは抜かれなかったという安心感が半々。

 が、その後もミスを重ね、駄目駄目な展開。サン・スーシの、最近よく見るが実は名前を知らない(覚えていない)人とほぼパックになる。おかげで途中からは怠けずにレースができた。ていうか、置いていかれないように、なるべく姿が見えるように、と食らいついていた、というイメージ。ま、ルートはけっこう別れたけど…大抵自分のほうが悪いルートだったけどね。

 選手権クラスのほうは、高橋さんがそれまでのタイムに約2分の差をつけてトップに立ったときに、やっと優勝だ!やった!と思ったのだが、少し後に紺野俊介が現れ、結局26秒差で優勝をかっさらっていった。あぁ…orz

 まぁ、同期が初優勝したんだから、それはそれで誇らしいというか嬉しいんだけどね。

 ちょうどノートPCも持っていっていたので、その場でO-News更新。帰ってからはすごく眠かったので、ここで更新しておいて良かった。帰ってから多少の修正はしたけど。

 会場を去るちょっと前に、宮内さんに「あー!」と言われ、何だ?と振り返ると「1ポでつぼってましたよね!」と言われた。ぐっ…。なにか言い返したかったが、言葉が出ず、なんとか言ったのは「2ポでもつぼりました。」…orz
くそ、なんかちょっと悔しいぞ。

 帰りはゆきむら亭へ。銀行や郵貯のカードを失くしたT橋に、ユニバー通ったら今回の交通費は無し、という約束をし、さらに夕飯をおごり。うん、いい先輩だw

 あー、矢板は近いけど、やっぱり疲れた。レース後にダウンもそこそこに写真を撮りに行っているから、仕方ないといえば仕方ないんだけど。いつものことながら。あー、寝る。