FF12

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card(※iTunes Cardとしての使用有効期限は切れています)付き

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card(※iTunes Cardとしての使用有効期限は切れています)付き

 結局、買ってしまった。昨日の夜。
 話に聞いていた通り、スターウォーズっぽかった。なんか、飛空艇の動きが、というか浮力がものすごく不自然で、それが似ている。回りの影響を全く受けないで浮かんでる、というイメージ。まぁ。FF12のはクリスタルが動力だから、それもアリなのかもしれんが。

 今まで(自分がやったFF9まで)のFFは「映画のようなゲーム」と例えられることがあったが、12はまさしく「映画+ゲーム」になっている。いいか悪いかは別にして。今まではあくまでゲーム中に挿入されるムービーやゲームのストーリーでしかなかったんだけど、今回のはムービーの間にプレーヤーが操作できるゲーム部分がある、という感じ。ちなみに日本語の映画ではなく、洋画の日本語吹き替え版。キャラクターの口の動きと声との関係は、そうやって目をつぶらねばならない。

 フィールド画面と戦闘画面が切り替えなし、というのは、まだ慣れない部分もあるんだけど、どうもよろしくない。ごちゃごちゃしているし、行動順が来るまでの間がおかしい気がする。見た目がアクションRPGとかMMORPGみたいなので、連続で攻撃できないのがもどかしい。何か行動をするために「発動時間」がかかるのなら納得できるが、発動した後に次の行動までの時間(行動後硬直時間?)があるってのは…。技術的には凄いことなのかもしれないけど、自分的にはこの手法はなかったほうが良かった。エンカウント式で、画面切り替えがあったほうがよかった。