将来像

 これから、特に春からはオリエンテーリング界において、より一層の活躍をしなければならない。それは仕事としてもそうだし、自身のこれからとか希望を考えてもそうだ。これからは運営も普及活動も、そしてもちろん競技者としてもガンガンやっていきたい。もちろんO-Newsの報道としての役割やO-Photoの写真も。運営も競技も普及もって、それってつまり、村越さんみたいになるってことだ。大きな目標将来像が見えた気がする。