日本山岳耐久レース

 まず結果を言えば、第2関門で途中棄権しました。根性無しです。はい。

 当日は朝から雨。というより、1週間ずっと雨。前々から「今年は雨だねぇ。でも去年の台風に比べれば、あれより酷いのはないよねぇ。」なんて言われていましたが、走り始めてから聞こえたのは「今年はもっと酷い。今年が最低ランクだ。」と言うものでした。そんな天気状況。
 武蔵五日市駅まで車で行き、そこから徒歩15分で会場の五日市中学校。駅からテープ誘導などないけれど、いかにも山耐という格好の人たちに着いていく。会場に着いたが、何をすればいいか分からない。どうやら受付の前に装備チェックがあるようだ。このシステムだと、とりあえず必要装備を持ってきておいて、実際は少なめでスタート、なんてこともできそうだ。もっとも、必要装備は「本当に必要」なものだから最低限が定められているんだけど。

 受付も終わり、4DMのモニターとして商品ももらって、それでも時間は余る。ちなみに会場は混み混み。なんとか椅子付きリュック1個置けるスペースを探し出し、陣取る。というか、男子待機所は2ヶ所あったらしく、もう1箇所に行けばよかった。オリエンティアスペースもそっちにあったらしい。

 会場でオリエンティアに話しかけられる。先々週の24時間リレーのときにも着ていた人だ。こちらの名前は知っているみたいだけど、誰だか思い出せない。結局分からない。ホントにすいません。出場者リストを見てオリエンティアを洗い出すも、候補としては同期の八巻か?でも、顔を思い出そうとして出てくるのはキンタクだったりする。むぅ…。

 スタート直前に波多野さんに会う。2回目の出場らしい。前回は第2関門で棄権で、今年は完走目標とのこと。話せて少し心が軽くなった。

 スタートからずっと渋滞状態が続いた。山道ではもう止まっては少し進んで、また止まって…だった。東名高速道路厚木から渋滞15kmって感じ。

 渋滞がなくなったかな?と思ったのは10km過ぎた辺りからか?それでも集団がいて、間が少し開くくらい。結局第1関門(約22km地点)までそんなかんじ。第1関門で17時を過ぎたので、ライトを用意したかったが、できれば第1関門で休憩してその時に、と思っていたので、少し暗い中をがんばる。

 第1関門を出るともう真っ暗。ヘッドライトと手持ちライトの2本装備だったけど、これで正解。ヘッドライトだけじゃ無理だ、これ。最初は慣れなくて、照らしていても、その地面がよくわからなかった。それでも、ちゃんとルートをはずさないのがすごい。道のランクはオリエンテーリング的に言えば5番〜6番が延々と続く感じ。3番とか、まずない。

 28km地点から30kmまでがやけに長かった。「人間は30kmしか走れるようにできていない」という言葉が頭をよぎる。思い切って止まって、防寒着(兼雨具)を着込み、水分とエネルギーを補給。おかげで少し楽になった。

 基本的に、登りは走らない。下りも、急なところは走らない。緩やかなところだけ走る、と言う風にしていた。集団にいるときはその集団のペースで。抜かれるよりも抜くほうが多かった。登りも下りも、やっぱりオリエンティアは早いみたい。

 三頭山という、山耐中最高地点へ行くとき、延々と登らされ、すぐに下らされ、また登らされた。この辺で少し心が折れた。普段のオリエンテーリングではルートは自分で考えるものだし、登ったり降りたりするにも理由とか目的がある。でも、今回は単に上り下りを繰り返しているように感じた。各山頂がオリエンテーリングにおけるコントロールだ、なんて思っても、そんなコースは「無駄に登らせる駄コース」と言われるだけだ。たぶん、この辺の感覚が自分と周りの山やとかトレイルランナーとの違いだろう。

 第2関門(約42km地点)に着いたときには、まだまだやる気だった。でも、ここでコースを確認したいと思って地図を取り出したのがまずかった。なんと、この後はあの三頭山の登りに匹敵するくらいの斜面が2回もある。その後は第3関門で、下り基調になるのだが…。ここで心が折れてしまった。リタイア者連行バスを見たのもまずかった。そして身体も冷えてしまい、寒気がして気持ち悪くなっていった。食べ物を食べても温まらない。今後は下りが主とは言っても、膝にくるのは主に下り。

 膝に違和感を感じたのは、最初はスタート直後、まだ2kmも行っていない頃。まぁそれはすぐに消えたのだけど、10km、20kmと行くと、下りのたびに痛むように。気にするともっと痛むのでなるべく忘れるようにしていた。そして、靴紐をキツク締めすぎたのか、紐に取り付けたチャンピオンチップが悪いのか、右足の親指の骨を甲まで伸ばしたところが痛む。これも主に下り。

 そういったことが重なって、ついにリタイアを決意してしまった。休憩していたときに隣に(少し前に道を譲ってもらった)宮内さんにどことなく似ていた人がいて、リタイアするのが恥ずかしくも思えたが…。

 バスの中などでは同じくリタイアした人と話をしていたのだけど、途中から気持ち悪くなってしまった。バスに酔ったのか、体が冷えて風邪状態だったのか…?

 会場で仮眠を2時間ほど取り、その後車でさっさと帰宅。眠気がやばい事になってコンビニの駐車場で15分ほど寝たけど。で、7時半には帰ってすぐベッドへ。

 帰ってきた今になっても、「来年こそは」という意欲は沸いてこない。この先はわからないけど。やっぱり「無駄に登らされて下らされる」という思いが出てしまっては、ダメだと思う。鍛え方も足りない。ただ、トレーニングとして山を走るのは好きなので、今回の装備はそんなときに役に立つんじゃないかな。

 ちなみに、持って行った食糧と水分はけっこう余った。第2関門で1.5リットル給水ができるのだけど、キャメルバックを見たら、最初3リットルだったのが半分くらいにしかなっていなかった。雨と言うのもあるだろうけど、次に行くとしたら2リットルでもいいかもしれない。食糧はパワーバーを関門のたびに食べて、あとはパワージェル2個、アミノバイタルゼリー2個、バランスアップ1袋ぐーぴた1袋を食べたくらい。もっと食べるべきだったのかな。

 あぁ、やっぱり膝と足全体が疲労して、壊れている感じがする。フルマラソンも走ったことないのに、同じ距離を山道で走るんだもんなぁ…。疲れたよ。

 ちなみに、第1関門が418位、第2関門が304位で、114人も抜いていました。番場さんは12時間半でゴール、波多野さんも20時間半でゴール。すごいなぁ。そういうのを見ると、来年、どうしようかな?なんて思う。