青学高入試問題に元ひめゆり学徒「許せない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050611-00000001-ryu-oki
この記事の主旨はまた別に置いといて、この記事中の一文が気になった。

本村館長は「感想は多種多様だが、入試に出題し、子どもに答えを求め、出題者の考えで正誤を決めるのはおかしいし、許せない」と批判。

これ、前々から僕思ってました。国語の授業やテストで。小説やら何やらの一部分を読ませて、「このときの主人公の気持ちは次のうちどれか。」とか、「ここで筆者が言いたかったのはつぎのうちどれか。」とかいう問題、よくありました。で、その答えって、誰が決めているのでしょうか?ちゃんと主人公なり筆者に確認を取ったのでしょうか?問題出題者の解釈がイコール答え、ということになっている気がした。特に作者がもうこの世にいない作品が出題文のとき。

 たとえば、問題を出題して、作者に確認していなくて、正答が1番でも、回答者の9割が2番と答えたのなら、それは本当に1番が正解と言えるのだろうか?作者が回答しない以上、「〜と思われるもの」や「〜と一般的に考えられるもの」が正答になるべきであり、多数派の2番が不正解で少数派の1番が正解になるのはおかしくなる。というか、正答が多数決で決まるのも変だが。今でもこんな問題が出されているんだろうな…。

 ていうか、やっぱり表題のニュースとは全然関係のない話だった。

追記:
 キーワードから他の人のをいくつか読んだ。ちゃんとニュースに対して言及している。えらい。なお、自分は実際のテスト問題の英文を見ましたが、読んではいません。(英語、メンドイから。)

 まず、この英文中に出てくる「感想を書いた生徒」は実在するのか?なんか、記事の読みようによっては「こんな感想を書く生徒がいるなんて信じられない」というようにも読めてしまう。そう誤解する人もいるのでは?

 次に、英文で言われているように、ひめゆりの人たちが「話し上手」になっていないか?ということ。問題作成者が実際に思ったのかどうかは知らないけど、少なくとも文中の生徒はそう思ってしまったのだ。伝わらなかったのだ。もし現実がそうだったのなら、これも仕方ないんじゃないのかな?まぁ、

 島袋さんは「未来永劫(えいごう)の平和を求める『ひめゆりの心』で語ってきたし、伝わっているという自信はあったが…。わたしたちの心が分からない人に戦争の悲惨さ、平和、命の尊さをどう伝えればいいのか」と沈痛な表情。津波古さんは「今までやってきたのは何だったのか」と憤る一方「わたしたちの伝え方が悪かったのか。もっと工夫しなければならない」と述べた。

と言える人たちが「退屈な」話をするとは思えないのだけれど。