岩沼2days

 ここまでの道程は、携帯で更新していたものを下に残しておくとして、大会について。
会場駐車場に早く着きすぎたために、しばらく車でまどろんでいたりした。
その間に試走中と思われる松澤さんを見た。
10時半頃、ようやく会場へと向かう。


 受付を済ませてからも3時間近くスタートまである。
それにしても、
・夜通し運転
・東北海浜テレイン
・車で仮眠
と、なんだか2000年のワールドゲームズの時と似ている。
あの時はスタート直後に怪我をしたんだっけ…。


 スタート直前には大会コントローラでもある松澤さんから選手へのインタビューなんかも。
なかなか演出に凝っている大会です。
自分のスタートは「ぽっかりカップ」のときに引き続き、小暮さんの1分後。
あのときも怪我したんだっけ…。


 2度あることは3度あるとでも言いましょうか…。
1ポを脱出して、少ししたところでまた足を捻りました。(ToT)
まぁ、今回はほんとうに軽く。普段ならすぐになんともなくなる程度です。
まだ前回の捻挫がイマイチ残っているようで、そのため痛み倍増。
やれやれです。
ま、すぐに気にならない程度にはなったので一安心です。


 今回のテレインは海浜テレインですが、その砂防林は背の低い松がほとんどで、とても痛かったです。
その松林の中に砂地のオープンが点在しており、そのなかにコントロールが設置されています。
これが全然わからない。松林のなかは方向をうまく維持できない。アタックポイントが決めづらい。
オリエンテーリング的には全然だめでした。


 海浜テレインでの自身の傾向として、
レース内容やナビゲーションとしてのオリエンテーリングには大不満なものの、順位はわりといい。
というものがあります。
他の人が自分以上にミスをしているってことでしょうね。
さすがに日本代表クラスはこんな地形でもしっかりナビゲーションしてますけど。


 宿では山田商会の山田さんやorienteering.comの木村さんと一緒でした。
ただ、木村さんを見た時に「似ているな〜」と思いながらも木村さんじゃないと思ってました。
てっきり娘さんときているかと思ってました。(娘さんがいるのかはしらないけど)
スタートリストの名前を見て、ね。
でも、一緒にいたのは息子さんで、自分が女の子の名前だと思ってたのは彼だったようです。
申し訳ない。
ちゃんと話しかければよかった…。
そして、夕食後は風呂に入って、さっさと寝てしまいました。
はぁ〜…疲れた。