わざわざ

 エリアに行くと、25日の入間の配車が決まっていました。
案の定、僕の名前はなかったです。
ここまでの経緯を。


・申込
  一緒に申込をやってくれないかと言うと、
  「時間が微妙なので、自分でやってください」とのこと。
  何がどう微妙なのかわからなかったが、他に確定の参加者もいなかったので
  (エリアの紙には書いてなかったと思う。既に撤去されているのでわからない。)
  とりあえず、自分で申し込む。


・交通
  少し前に、脇野に車に乗せてもらうように依頼。
  車が足りなくなるかも知れないような事を聞く。
  その後、他の人にも聞くが、足りないような、ぴったりのような話。
  誰も確定情報は持っておらず。


・スタートリスト発表
  図情関係者を調べると僕を含め10人。車3台で余裕。
  新人は3人はいかないだろう、とのこと。
  まぁ、新人来て僕が余るなら、仕方ないでしょう。新人優先は当然。
  小柳と齋が当日で行くような話。
  一応、齋藤さんにあぶれたら乗せてもらうように依頼。


・配車
  案の定、僕の名前はない。
  カッコ付きで1年生2人分の座席が確保されている。
  僕に対して何の連絡もなかった事をいい、1年生が来る可能性を聞く。
  1年生の最終的な判断(確定人数)は土曜になるっぽい。
  それで車の席が空くかどうかの連絡は僕に来るのか?と聞くと
  「難しい」とのこと。何が難しいのか良くわからないが、
  連絡するように(またはそう伝えてと)言っておいた。


 まぁ、何が言いたいかと言えば、少なくとも、一緒に乗せてもらうように
連絡してあった僕に対し、何の連絡もなく僕を抜かした配車が決められ、
おそらく今日エリアに僕が行かなかったら何の連絡もなく、
たとえ結果的に車の席が空いても連絡する気がない、ということ。


 なんで、こうわざわざ怒らせるようなことをするのだろうか。
いや、別に僕が嫌いなら嫌いでいいと思うけど
(思い当たるふしはあるが、それも決して僕は自分が悪いとは思わない。)
必要な連絡はするべきでしょう。
当選者の発表は品物の発送を持って…じゃないんだから。
常識で考えられることはしっかりしてほしい。大人としてね。
(思いあたるふし、というのは、こういうのを言うこと。
 なぁなぁで全てをやりたい人には確かに嫌な存在だけどね。)


 わざわざ日記で書くのは、書けばなんかスッキリするかな、と思うからだけど、
どうなんでしょうね?
こんなものでストレスを溜めたくはないんですけど…。
もっと楽しい事を考えよう。