最終章7/10

 14時間くらい寝ました。
走りました。
疲れました。
バイトが大変でした。


 納品を終えて、オーナーがひとこと。
「いや〜、片付いたねぇ。片付かないかと思ったよ。」
…え〜、っと…今日、そんなに多かったですか?
確かに僕は油交換していて、何も納品は手伝いませんでしたが。
オーナーが離れた隙に相方に聞く。
「今日って、そんなに多かったっけ?」
「いや、ぶっちゃけ普通。むしろ少ないくらい。」
…ですよね〜(~_~;)


 自分に1つ忠告。
帰るときもタイミング計りなさい。
忙しい時、嫌な時に現れる人は、例えその人が嫌な人でなくても
嫌なイメージが付いてしまうもの。逆も然り。
いいときに、嬉しい時に姿が見られる人になりなさい。


 帰りにマガジン・サンデーを立ち読み。
サンデーの「きみのカケラ」を読む。
最近連載再開して、いきなり「最終章1/10」とかカウントダウンだったが。
今回は7/10だった。もうじき終わる。
今回も何人も死んでしまったのだけど、だけど…。
「最終兵器彼女」のときもそうだったけど、この人の描く死は…。
何だか胸に詰まるというか…。
怖いですわ、高橋しん先生。