ラップ解析

 昨日のうちにショートセレのラップ解析が出ていたので、データを学校に持って行って早速チェック。
(学校に持っていったのは、他の人にも見せるため。)
自分1人で見ていても気がつかないことなんかも、他の人と一緒だと気付くこともある。
いろいろな結果が見えて面白かった。
なかでも、WF。

 個人的に注目していた茨大の吉田さんだが、予想通りの優勝。
が、ラップを見ると、それも危うかったのでは?というのがわかった。
4-5で、吉田さんはトップラップを取っているのだが、
そのレッグ、2位と5分差がついている。吉田さんは8分くらいで行っているのに、
他の人はみな13分以上はかかっているのだ。
走る人の実力がそんなに変わらないのに、こんなにラップが飛びぬけているのなんて、初めて見た。

 結局、吉田さんはここのラップのおかげでトップだったようなもの。
まぁ、ほかに2つトップラップを取っているけど。
2位・3位の人は平均的に速くて、すべて順調にって速い、という感じ。
吉田さんはまぁ速いんだけど、時々飛びぬけて速い、というイメージ。
いつ飛ぶかもわからない・・・かな。
前述のラップのおかげか、巡航速度が76.9%、ミス率が30.5%で優勝。
う〜ん、恐ろしい。

 ほかに気になったのが、筑波の伊藤佑初子さん。ちなみに「ゆうこ」と読むらしい。
1ポと5ポでミスしてたけど、それ以外はすばらしいラップ。足が速いんじゃないかと思う。
これからはこの2人にちょっと注目してみよう。

 う〜ん、やっぱり注目するなら男よりも女の子なのは、僕が男だからなのか?
やっぱり注目のしがいが違うよね。
それに、女子はチョット頑張れば、あっという間に伸びてくるからね〜。
ま、「本物」になるのは、並大抵の努力じゃダメだけど。
よ〜っし、僕もガンバ・・・りたいなぁ。