LSD

 今日はLSDをやった。
誤解のないように言っておくが、LSDとは
Long Slow Distanceの略で、長い時間、ゆっくり、長距離を走るトレーニングだ。

 ゆっくり走るから楽かといえば、そうではない。ゆっくりと走るのは本当はツラいのである。
早すぎも、遅すぎもしないペースで走るのは気軽に走れるのだけれど、LSDはまた別の意味を持つ。
僕は今まで、長い距離を走ることで、体力の器を作る(広げる)ものと思っていた。
それなりの本によればフォームの確認(改善)や関節などのトレーニングであるらしい。
今まではあまり意識してペースを落とすことはなかったけど、今日は意識してゆっくり走った。
そのおかげで、本の言っていた意味が分かった。
確かにこれは関節にくる。

 いつものペースよりもキロあたり30秒から1分遅いので、かなり遅い。
周りの人にすぐ抜かれるし、ちょっと悔しい。でも、我慢我慢。
結局、14kmを1時間32分かけて走った。さすがに疲れた。
でも、今回走って、改めてLSDの重要性が判った気がする。
今まではトレーニングと言っても、ただ走るだけで、変化がほとんどなかった。
たまにペース走とかビルドアップとかやったけど、これからはLSDも意識してやっていこう。

 夕飯でスパゲティを食べようとした。
が、麺をよく見ると何か黒い点々やら白い点々が・・・。
ひょっとしてカビ?
そういえば、この袋開けたのいつだったっけ?最後に食べたのいつだっけ?
・・・捨てましたけどね。
そういえば、味噌もけっこう長い間冷蔵庫で眠ってますけど、どれほどもつものなんですか?
冷蔵庫開けると味噌臭いんですが、捨てたほうがいいですか?
買ってから何日かは味噌汁も作ったけど、やっぱり僕には無理なようです・・・。
やれやれ。