スピード違反

 一夜明けて、学校まで歩いた。
天気がよかった。
やっぱりこここそが僕の求めていた街、僕の街、夢見た街なんだな、と思う。
しみじみと。
さて、これからどうしようかと。予定通りこのまま帰るか?
もう1泊してもいい。はたまたここから別の街にふらりと行ってもいい。
どうしようかな?
…まだこの街にいたい。
正直に言えばそう思った。でも、そういうわけにもいかない。
これ以上つくばに残っていたら帰りたくなくなる気がした。
だから、あっさりと岐路についた。

 わりと順調に高速を飛ばしていたのだが、事件発生。
スピード違反で捕まってしまいました。
やれやれ。
罰金3万5千円。…キツイっす。
しかも1週間以内に払わなければいけない。払わなきゃ僕は犯罪者だ。
スピード出しすぎた僕が悪いんだけどね。118km/h。
でもなぁ、このスピード、どの時点のものなのかなぁ?
覆面パトが僕の車の後ろに来たとき、僕はその車が僕よりも速いと判断して、
左車線の車を抜いたあとに車線変更しようと思ったのだけど、トンネルが迫っていた。
そこは車線変更禁止になっていて、まぁすぐに車線変更すれば行けたかもしれないけど。
で、煽られるのも嫌だから、少しスピードを上げて少しでも邪魔しないようにしよう、
トンネルを抜けたら車線変更しよう、と思っていた。
が、トンネルの最中で「ウ〜ウウ〜ウ〜」と鳴り響くサイレン。
何事かと思ったよ、ホント。
…言い訳してもしょうがないか。やれやれ。
馬鹿やっちまたぜ。

 と、まぁスピード違反のことも含め、へこんでいます。
「自分のいるべき場所はどこなのか」
「僕の街は?」
「自分の『道』は?」
…ちょっと、悩みつつもあります。
う〜ん…。