自信はなかったけど、まったくその通りでした。

 今日のテストは2つ。計算機アーキテクチャと東洋図書館文化史。
処理系と管理系を両方とも、です。
あまり自信はありませんでしたが、まったくそのとおりでした。

 1限目(計算機アーキテクチャ)
  もう出ないと思っていた2進法と16進法が出ていた。
  少しは(自分の知識で)わかるけど、授業で言っていた方法とかわからん。
  もっといい「やり方」があるんだろうけど…と思いながら計算して出した。
  でも、それ以外の問題はもっとわからなかった。
  途中での先生の一言。「ここまで(提出した人)の中では全問正解はいませんねぇ。」
  おいおい…じっくり見られたら恥ずかしい内容なんですけど、僕の解答用紙。

 3限目(東洋図書館文化史)
  去年の人の「すごく簡単だった」という言葉を信じ、教科書さえあれば…と臨む。
  問題が配られる。え〜っと…滋賀県の5ヵ年計画について…と。
  これはあの辺りのページに書いてあったな…と教科書をめくる。(持ち込み可なので)
  あったあった、5ヵ年計画…??内容が…書いていない。
  XX年に5ヵ年計画が行われた、という記載はあっても、その内容は書いていない。
  してやられた。
  問題は全部で4問。その全てが同様の始末。
  …ヤバイ。
  でも、このテストが「何らかの理由」でできなかった人は月曜に補講らしいです。
  きっと、それさえ受ければ単位は来ることでしょう。
  …まさか補講って、再テストじゃないだろうな?

 テスト後、久しぶりにアルペンに行ってみた。
いろいろあったけど、結局何も買わず。あぁ…ラップ時計、買わなきゃな。
今度は石丸に行ってこようかな…?
早大OC大会はSIだけど、直前合宿にはラップ時計欲しいよねぇ。

 明日は最後のテスト。大学最後のテスト。
そう思うと何だか感慨深い。(前にも言ったかな?)
どうか、単位来ますように…。