両替

 昨日書き忘れたけど、髪を切った。
でも、いつもよりは長め。もう少しだけ伸ばそうかと思って。
前みたいなウザイほどの長さはヤだけど。
3年のときの学生証の写真みたいなのにもう1度。

 ゼミ。
先生の部屋をノックすると反応なし。
1.居留守 2.昼飯 3.ゼミを忘れてる。
予想では2.
そう思ってしばらく共同研究室〓にいる。
何か、何人か先生の部屋の前に集まってきた。
ひょっとして…と思ったらやっぱり3年生のゼミ生だった。
既に決まっていた男の子と、2次でえんたくの所に来ようとしている女の子。
結局ゼミは先生も含め4人で行われた。
…部屋が寒かった。
だから、うまく言葉を発せられなかった。
で、僕の発表が終わった後は案の定、新人さんに質問させた。
戸惑っていた。1、いや2年前の僕も同じだった。
ま、なかなか的確な質問をしてくれた。
えんたくは「おぉ、俺も言おうと思っていたんだけどな…。」
なんて言っていたけど、どうなんだか。

 今日のバイトは忙しかった。
3人それぞれがオーナーから仕事を与えられていた。
で、それぞれの仕事を確認しつつ、ミッションスタート。
多分、今日は暇だと判断しての仕事なのだろうけど、予想に反して忙しかった。
お客さん、かなり並んだし。
そして、21時近くなってきたころ、「両替してくれ」という客が現れた。
てっきりコピーの為に1000円札を100円玉にしてほしいのかと思えば違った。
10円玉とかを大量に持ってきて、大きいのにしてくれと言っているのだ。
おいおい…コンビニだぞ。そんなのは銀行に持っていけよ。(怒)
これを受け付けたのが僕じゃなかったのがせめてもの幸い。
あ、でも確か「高額紙幣への両替はお断りするように」って本部から言われていたような…。
そしてあっという間に5時間は過ぎていった。
結局言われた仕事は8〜9割くらいしかできなかったのでは?
ふぅ、疲れた。

 明日も1限からある。
あぁ、レジュメを印刷するためにまた えんたくに会いに行かなきゃ。
やれやれ。