東北大大会2日目


 食事の時間の調整や、連絡の不備の結果、森さんと志村さんを迎えに行くのに2回も長町駅に行くことに。
まぁ問題もなく合流できた。
それにしても、今回の大会も道中庵から遠い。
結局高速を使うことになってしまった。
道中庵にこだわる僕らも僕らだけど。

 今まで足を痛めていた僕にとって、今回の大会はとても重要だった。
はたして本当に足は治ったのか?
しっかりと準備運動をして、スタート地区に向かう。
徒歩50分の道のりだ。…遠い。
少し走りながらアップをして、また歩いてみたり。
それにしても暑かった。天気が良すぎるのも考えものだ。
足は…なんだか違和感がある。
でも、これは足を気にしすぎているだけだ、そう思うことにした。

 レースは、結局途中棄権しました。
やっぱり足は治っていなかったようです。
足の違和感は消えず、痛みを抱えたままのレース。
山の中から救護地区のある舗装道路に出たとき、どうしようか?と迷った。
悩んだ結果、とりあえず歩いてでも回ってみよう、と決めた。
でも、直後の激アップで考え直した。
その後2,3のポストを回って、再び救護に戻った。
ゴールまで歩いて帰ると覚悟していたけど、車で会場まで送ってもらえることに。
これがまた結構な距離だった。
ゴールから会場までもかなりあったらしい。ちょっとだけラッキー。
まさか金澤拓哉(東北大OLCのエース)に送ってもらえるとは思いもしなかったけど。

 そんなわけで、足は治っていないわけで、いろいろ考えました。
これからのレースのこと。トレーニングのこと。インカレのこと。
とりあえず、ICSには行かないと思う。筑波大大会も、行かないかもしれない。
足を固定するのも、授業などに支障をきたすのでもうできないかもしれない。
とすると、自然に治るのを待つしかない。
それは何時になるのか…。
8月下旬のワールドゲームズで痛めて、約1ヶ月してJogして治っていなかった。
そこから足をなるべく固定して約3週間。
それでも治らなかった。
足を固定せずに、普段の生活をしていたら、いったい何時になるのか…?
ひょっとしたら、今年のインカレも走れないのかな?
せっかくもう1度めぐってきたインカレなのに…。

 夜は牛タン。美味しかった。
その後で街を歩いた。…結局東北大学を1周してきただけ。
足が、痛んだ。