日々、過ぎ去りし

昨日の飲み会のこと。
みんな寝たので、僕も座椅子で うたた寝。
3時頃(?)奥寺さんが起きた。明日のために帰る。送っていった。
明日(今日)9時からバイトらしいけど、大丈夫かな?
部屋に帰るとまた寝てる。奥山君を起こす。
帰るように言う。奥山君が八木さんを起こそうとする。僕は台所で水を飲む。
「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」
八木さんが叫ぶ。何だ?
「いや!嫌い!嫌い!」
な、何なんだ?
奥山君に聞く。「いや、勢いあまって…聞かんでください。」
???
よくわからないが、八木さんは泣き声だった。
奥山君は帰った。殴ってやろうかと思った。
僕の見ている前で女の子を泣かすとは…次会ったら、ホントに殴るかも。
八木さんはまた寝てる。
起きた。
時計を見てびっくりする。もうすぐ4時だった。
さっきのことは覚えていないようだ。うん、それならそれでいいだろう。
それからまたしばらくお話をした。
やがて帰った。もう外は明るい。もちろん送っていった。

ちょっと昔を思い出した夜でした。

そんなわけで起きたのは15時。まぁ、いいだろう。
でも、まだ眠かったりする。
とりあえず明日の時間等を調べるためにエリアへ。
明日のことを含め、いろいろ話をした。
明日、雨、降らなければいいんだけどな…。

暇だったのでゼビオとアルペンへ。
24時間リレーに向けて、シューズを新調しようと思っている。
思ってはいるのだが、先立つものが…。
あまり気に入るものはなかった。ま、いいかな、と思うのは12510円。
う〜ん…。

こうして、今日も過ぎ去る。
思いを乗せて、残して。