ICS

 ショートインカレ当日。
最後のインカレが始まった。
とは言っても、ショート・リレー・クラシックとあるうちのショート競技のみだ。
インカレといってもオリエンテーリングの場合は学生なら(学連登録してあれば)
誰でも出場することはできる。ただし、選手権クラスにはやっぱりセレクションが
ある。ショートインカレの場合はインカレ当日に更に予選・決勝とある。

 昨年は関東地区でのセレクションには通ったけど、予選で落ちた。あと1分半。
その時、強く思った。「来年はAファイナルだ」
そして今年、ギリギリではあるが見事予選通過。やった・・・。
わかりやすく言えば、オリンピックの陸上で予選があってそれの上位だけが
決勝戦をやる、その決勝戦で1番が金メダルをもらえる。
その決勝戦に出られるのだ。この僕が。Aファイナル(決勝)は36人で争う。
つまりこの時点で一応「全国学生36位以内」というわけだ。
エリートさま、なのだ。はっはっは。

 まぁ、その、なんだ。Aファイナルではバカをやってしまった。結局34位。
びりから3番目。情けない。予選で力を使い果たしたとか、そういうんじゃない。
ただ、自分が情けない。口惜しい。自分の力さえ出せなかった気がする。
それが自分の力なのかもしれないけど。

 帰り着いたのは午前3時を過ぎていた。
会場でもらった花束を飾って寝た。疲れた。
また、明日からもがんばろう。