岩手大大会

 大会は道走り主体の終わってみれば爽やかだったコース。
でも、歩測を1万分の1と間違えていてかなりショートしていたり、まぁミスが
ごろごろしていて内容的には良くないレースだった。帰りの運転を考えると
あまり無理はできなかったのだが、道走りではけっこう真剣に走ってしまった。
意識をはっきりと持ち、保つこと。それが大事。

 大会後はヨシカワの希望で小岩井農場へ行った。つぼった。何回か引き返して
ようやくたどり着いた。ここが岩手最後の観光。
寒かった。上着を車の中に置き去りにしていたのでとても寒かった。さすが岩手。
どうやら秋の東北をなめていたようだ。閉園間近だったこともあり、よけい寒い。
それでも何とか楽しむことができたし、お土産も買うことが出来た。
1つは明日の食事会(牛タン)のデザート用の「たまごケーキ」
1つは渡すこともできないかもしれないお土産。ミルクバス(アップル)。

 小岩井を後にして岩手を去った。後はもう東北道をぶっ飛ばし、時速130kmで
6時間半。矢板で高速を降り、その後1度道を間違えるも無事に帰還。
ふぅ、今回も疲れた疲れた。